皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

痩せていることの弊害

赤ちゃんにも悪影響!痩せすぎの母親から生まれた子供は生活習慣病になりやすい。

更新日:

今の日本では、痩せすぎ体型の女性が増えています。

そのため、生まれてくる赤ちゃんの体重も減少傾向にあります。

戦後の食糧不足から復興と経済発展の流れのなかで、赤ちゃんの体重も増加傾向にありました。にもかかわらず、最近では毎年減少し続けているのです。

元気な赤ちゃんを産むためには、どうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

痩せすぎの母親から生まれる赤ちゃんも痩せている

今の日本では、生まれてくる赤ちゃんの2人に1人が体重3000g未満だと言われています。

さらに2,500g未満の”低出生体重児”は、全体の1割にも及ぶとのこと。この割合は、先進国の中でも日本がダントツに高いです。

ほとんどの場合、赤ちゃんが軽い体重で生まれてくるのは、母親の痩せすぎ体型が原因です。母親が痩せていればいるほど、生まれてくる赤ちゃんの体重も低くなる傾向があります。

痩せすぎ体型の母親は、普通体型の母親に比べて、低出生体重児の確率が格段に上昇するのです。

 

低出生体重児の健康への悪影響は、大人になってからも続きます。

 

アメリカの研究によると、低出生体重児は糖尿病になりやすいことがわかっていて、母親の胎内にいるときに日常的に栄養不足になっているため”エネルギーをため込むシステム”が構築されるのが原因と言われています。

そのため低出生体重児は、大人になってからの生活習慣病リスクが、普通体重で生まれてきた赤ちゃんの6倍にもなるといわれています。

痩せすぎ体型だと、貧血や免疫力の低下、骨粗鬆症などを引き起こしますが、母親が痩せすぎ体型だと、そのこどもまで健康被害を被ってしまうのです。

赤ちゃん

妊娠してから太ってもダメ!健康な赤ちゃんを生むための対策

痩せていると赤ちゃんに悪影響があるかもしれない。だったら、妊娠したら赤ちゃんのためにもたくさん栄養を取ろう!!

そう考えてしまうかもしれませんが、妊娠した後に太ろうとしても、すぐに改善するとは限りません。

 

貧血を改善するために、鉄分の多い食事を続けても、すぐに貧血が改善されるとは限りません。便秘を改善するために、ヨーグルトや食物繊維を食べても、すぐにお通じが良くなるとは限りません。それと同じことが言えるのです。

健康な赤ちゃんを生むためには、母親が普段からしっかりと栄養のあるものをしっかり食べて、健康的な体作りをしておくのが大切です。

そこに即効性のある対策はないのです。

当然と言えば当然ですね。逆に「痩せている母親でも元気な赤ちゃんが生める!」なんて健康食品があったとしたら、それはもうアヤシイ商品と言っていいでしょう。

痩せすぎの定義

太りすぎ、痩せすぎを定義する有名な計算式にBMIがあります。

BMI=体重(kg) ÷ 身長(m)÷身長(m)

このBMIの数値が18以下だった場合、身長や体重、見た目にがどれだけ普通でも痩せすぎになります。

BMIの標準数値は”22”ですが、女性の場合はBMI=20を目指すのが良いでしょう。

関連記事:女性のBMI標準値は?理想的な”美容体重”を導き出す簡単な計算式

 

健康的に太るには、しっかりと食べてカロリー摂取すること、そして筋トレをメインとした運動も欠かさないことが重要です。

特に小食で太らないという方は、まずはしっかりと食べて栄養を付けることが大事ですね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-痩せていることの弊害

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.