皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

効果的に太るサプリメント 女性向けふっくら太る方法

バストアップサプリメントを飲んで効果のある人と、飲んじゃダメな人の違いとは?

更新日:

世の中にはたくさんのバストアップサプリメントが発売されていますが、飲んではいけない人、飲んでも効果のない人も一定数います。

バストアップサプリメントを飲んで効果がある人と、効果がない人との違いとは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

バストアップサプリメントを飲んでいい人、悪い人

サプリメントは「健康補助食品」や「栄養補助食品」とも呼ばれています。

つまり、あくまでも補助的な存在というわけです。

例えば健康維持に必須のビタミンやミネラル類を、すべてサプリメントを飲んで摂取していたら…?

サプリメントの錠剤だけ飲んでれば大丈夫というわけではないですし、健康によいはずありませんね。

 

あくまでも補助的な役割である…これはバストアップサプリメントにもいえるでしょう。

イソフラボンの摂取量がポイント

バストアップサプリメントは、女性ホルモンのエストロゲンと働きの似ている「イソフラボン」や「プエラリア・ミリフィカ」といった成分がたくさん配合されていいます。

これらの女性ホルモンと似た働きをする成分を摂取することで、ホルモンバランスの乱れが改善したり、バストアップ効果が期待できますが…あくまでも補助的な摂取が基本です。

 

まず最初に結論を。

バストアップサプリメントを飲んで効果のある人は…普段からイソフラボンの含まれる大豆製品をあんまり食べない人や、大豆製品が嫌いな人。体質的に女性ホルモンの分泌が少ない人。

バストアップサプリメントを飲んで効果のない人は…普段から納豆や豆腐などのイソフラボンが豊富な食品をよく食べている人。

 

イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするからといって、たくさん摂取したから効果がアップするというわけではありません。

イソフラボンを普段の食生活でまったく摂取していない人が、その栄養の偏りを補正するためにバストアップサプリメントを飲むのは効果的です。ですが、普段からイソフラボンを摂取しているのに、それにプラスしてバストアップサプリメントを飲んでも効果は限定的になってしまうでしょう。

 

それどころか、イソフラボンの摂取のし過ぎは、健康に害を与える可能性すらあります。

イソフラボンには摂取の上限がある

2006年に内閣府食品安全委員会から「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」が通知され、大豆イソフラボンの1日の摂取目安量の上限値が設定されました。

なぜ大豆イソフラボンの摂取上限が設定されたかというと、大豆イソフラボンの過剰な摂取によって健康に何らかの悪影響が現れる可能性があるからです。

 

サプリメントから摂取する、1日の大豆イソフラボン摂取量上限は30mgです。

サプリメントを含めた食事全体での、1日の大豆イソフラボン摂取量上限は70~75mgです。

 

この制限値は毎日毎日続けた場合に念のためやめておいた方がよいよ、という設定値。1日や2日くらい上限値を超えたからと言って、ただちに健康に悪影響を及ぼすわけではありません。

また、イソフラボンの過剰摂取が健康に悪いという科学的な根拠が示されたわけでもありません。一説にはイソフラボンの過剰摂取は乳がん発症のリスクを上昇させる、といった意見もありますが、逆にがん発症のリスクを下げるといった報告もあります。

サプリメントによるイソフラボンの摂取の影響は、まだまだ分からないことが多いんですね。

ですが、イソフラボンが普通の食生活ではあり得ないくらい大量に配合されているサプリメントが発売されている現状を鑑み、念のためこのような上限を設定したと考えられます。

食品のイソフラボン含有量は?

大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンですが、使われている大豆の種類や、加工の方法、商品によって、イソフラボンの含有量はかわってきます。

あくまでも参考までの数値ですが、豆腐一丁(350g)にはイソフラボンがおおよそ71.05mg含まれています。

納豆1パック(45g)にはおおよそ33mgのイソフラボンが含まれています。

味噌や醤油に納豆など、日本食には大豆がよく使われているので日本人の平均的な1日のイソフラボン摂取量は16~22mgくらいといわれています。

 

1日の大豆イソフラボン摂取上限は70~75mg。

つまり、日本人の平均的な食生活を送っているとしたら、補助的にバストアップサプリメントを飲むのもアリということになります。

大豆製品が嫌いで、普段はまったく食べない、そんな食生活を送っているとしたら、むしろ積極的にバストアップサプリメントを飲んだ方がいいかもしれません。

ただし、普段から納豆や豆腐が大好きでよく食べるということなら…あえてバストアップサプリメントを飲む必要もないのではないでしょうか。

まとめ

普段からよく大豆イソフラボンを摂取している人は、たとえイソフラボン配合のサプリメントを飲んだとしても、その効果を実感するのは難しいかもしれませんね。

イソフラボン自体、生命維持に必須の栄養素ではありませんし。

 

一番効果的なのは、普段大豆製品などからイソフラボンを摂取する量が少ない方が、それを補うために飲むこと。

大豆が大っ嫌い!!

という方であれば、バストアップサプリメントにはイソフラボン以外にもたくさんの美容成分が含まれていることが多いので、オススメかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-効果的に太るサプリメント, 女性向けふっくら太る方法
-

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.