皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

効果的に太るサプリメント

痩せすぎ・虚弱体質・食欲不振を漢方で改善しよう!

更新日:

スポンサーリンク

漢方は「原因療法」

西洋医学は何らかの症状が現れてから、それに対処する「対症療法」です。

対して東洋医学は、原因を根本から改善する「原因療法」になります。

 

痩せすぎの体型を改善するために、「バランスの良い食事をたくさん摂りましょう」という方法は対症療法です。

痩せすぎ体型にならないように、「体質を改善しましょう」というのが原因療法になります。

そんな原因療法は「漢方」が最も得意とするところ。

痩せすぎ、虚弱体質、食欲不振という体質を改善することができる漢方を紹介します。

胃腸の調子が悪いときにオススメの漢方

痩せすぎの原因で最も多いのが、「胃腸の働きが弱い」です。

食欲不振の改善に

食欲不振、胃に膨満感がある、といった症状には茯苓飲(ブクリョウイン)がオススメ。

小食や胃下垂の改善

食欲はあるのにあんまり食べられない、少し食べただけですぐに満腹になってしまう、食べると吐き気がする…そんな症状は胃が食物を受け入れる力が弱まっている証拠。

オススメは六君子湯(リックンシトウ)や香砂六君子湯(コウシャリックンシトウ)です。

胃痛や胃下垂の改善にも効果を発揮します。

精神的ストレスによる痩せ

神経質すぎる性格の方は、痩せ体型が多いです。

神経質すぎると精神的ストレスで自律神経が興奮しやすく、そのために内臓が消耗します。

神経系の興奮を沈め、血液や体液の消耗を防ぐのが竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)や一貫煎(いっかんせん)がオススメ。

漢方のメリット・デメリット

漢方は西洋の薬のように即効性があるわけではありません。気長に服用しないと、その効果が発揮されません。

漢方が効果を発揮するかどうかも、個々の体質によって変わる場合があります。

 

ですが、西洋の薬にはないメリットがたくさんあります。

体質を根本から改善する効果があるので、効果が一時的ではないです。

西洋薬のように強い副作用もありません。(副作用がないというわけではありません)

 

どうしても痩せすぎ体質が改善されない場合、漢方を服用してみるのもいいのではないでしょうか。

漢方薬はアマゾンなどの通販でも購入できますが、街の漢方薬屋さんに行けば自分の症状に合わせた漢方が何か相談に乗ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-効果的に太るサプリメント

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.