皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

お腹がすくのに食べられない、食欲がわかない理由と改善方法

投稿日:

「お腹がすく」ということと「食欲」は、実は完全に連動しているわけではありません。

お腹がすいていないのに何か食べたくなることもあるし、お腹がすいているのに食欲がまったくわかないこともあります。

”お腹がすく”ということは、身体が「栄養が欲しいよ~」と言っている状態です。それなのに食欲がわかずに何も食べられないと、健康を害しますし、体重も減ってしまいます。

お腹がすいてるのに食べられない原因とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

空腹感と食欲の関係

お腹がすいているのに食欲がわかない…

その理由として考えられるのが精神的ストレスです。

 

食欲不振は体調の変化であらわれることが多いもの。

季節の変わり目による温度・湿度の変化の影響で自律神経の乱れ。

不健康な生活習慣の影響による内臓の不調や体力の低下。

服用している薬の副作用、何らかの疾患が原因の場合も考えられます。

これらが原因の場合は、食欲自体がわかないもの。改善するには医療機関を受診して相談しましょう。

 

もし、食欲があるのに食べる気が起きないということであれば、メンタル的な原因があるかもしれません。

人間関係や仕事、学校などで過剰にストレスを抱えると、”ご飯が喉を通らない”状態になってしまいます。

ずっと心の片隅にある心配事、悩み、嫌な思い出、このようなものも、食べる気持ちを萎えさせてしまいます。

無理して食べてもまったく美味しくないし、吐き気を感じてしまうことも。

 

一般的には食欲がわかないのならお粥などの消化に良いものを食べるのがよいとされますが、ストレスが原因の場合はあまり効果的とは言えません。

この状態を改善するには、精神的なストレスをなくすのが一番。

とはいえ、いきなり「ストレスを感じなくなりましょう」といわれても難しいですね。

どうすればしっかりと食べれるようになるのでしょうか?

食欲を感じるためのストレス軽減方法

ストレスによって食欲不振になってしまう人の特徴として、「痩せている」「運動不足」「睡眠不足」「ネガティブ思考」などが挙げられます。

普通体型、もしくは太っていて、しかも普段から運動をしていて、しっかりと寝ていて、物事をポジティブに捉えられる人間であれば、大きなストレスを感じても食べられなくなるということはあまりないでしょう。

では、どうすればいいか?

オススメは適度な運動です。

運動にはストレス解消効果があります。定期的に運動をするだけでうつ病の発病リスクを下げたり、うつ病の改善効果もあるくらいです。

それに運動をすれば身体が疲れて、自然とよく眠れるし、カロリーを消費するので自然な空腹感も得られるでしょう。

 

「お腹がすいているのに、食べたくない」そう感じていて、しかも運動不足だとしたら、まずはしっかりと運動をするのが大切です。

1日30分程度の散歩でも十分です。

毎日運動しなくても大丈夫です。

大切なのは継続すること。そうすれば、ストレス解消になり、自然な空腹感を感じることができるでしょう。

 

もちろん、適度な運動ですべて解決するわけではありません。

あまり食べられずに疲れやすく生活するのがしんどい場合は、ちゃんと医療機関を受診しましょう!!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.