皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

痩せていることの弊害

痩せすぎると老けて見える3つの理由

更新日:

  • 標準体型
  • 肥満体型
  • 痩せ体型

これらの体型を比べた場合、痩せ体型の人が実年齢以上に老けて見えることが多いです。

自分の身近にいる人や芸能人をみても、それを実感できるのではないでしょうか。

では、なぜ痩せすぎていると老けて見えるのでしょうか?

その原因として考えられる”3つの理由”を紹介します。

スポンサーリンク

老けて見える3つの理由

①肌が乾燥していて、色ツヤも悪くなる。

皮膚には皮脂腺があり、そこから皮脂を分泌させています。皮脂は皮膚を守るバリアの役割があり、保湿効果もあります。

肥満体型の人は脂質の摂りすぎのため、皮脂の分泌が過剰になり、肌がべたつきます。

ですが、痩せた人の皮膚には皮脂が少なくなり、カサカサの乾燥肌になってしまいます。

肌にうるおいがないと、肌年齢が老けて見える原因になります。

皮脂によるバリア機能も発揮されないので、紫外線の悪影響を受けやすく、シミの原因にもなるでしょう。

 

また、痩せた体型の場合、栄養不足・運動不足になっていることが多く、身体全体の血流も悪化しています。血圧も低くなり、血流が悪くなった結果、全体的に青白い印象になります。

カサカサで青白い肌は、実年齢以上に老けて見える大きな原因になるでしょう。

②皮下脂肪がなく、シワが目立つ。

老けている顔にみられる一番の原因は”シワ”です。

ほうれい線、目の周りのシワ、皮膚のたるみ、このようなシワが多いと、実年齢以上に老けて見られてしまいます。

皮下脂肪が適度についていて、肌がピンと張っている状態であれば、自然とシワは消えてしまいます。

ですが、皮下脂肪が少ないと…お肌がたるみはじめ、ほうれい線やシワの原因になるでしょう。

顔のシワもそうですが、身体全体のシミやたるみの原因にもなります。適度な皮下脂肪は、顔や体全体を若々しく、健康に見せる効果があるんですね。

③細胞に元気がなくなる

痩せている人は食に興味が薄く、栄養バランスも偏りがち。

細胞の健康維持に大切な脂質やたんぱく質、ビタミン・ミネラルが圧倒的に不足している可能性があります。

栄養不足の状態が続くと、細胞の酸化が進みやすく、老けて見える原因になります。

栄養は毎日の身体を動かすエネルギー元になるだけでなく、毎日再生を繰り返している細胞のエネルギー元にもなります。栄養不足では細胞が新しく元気に活動することができなくなってしまうでしょう。

痩せすぎ体型が老けて見えるのは、「細胞の元気がなくなっているから」なのではないでしょうか。

若く見えるためにもしっかりと食べよう

老化には様々な原因があります。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されて、傷ついた細胞が修復される大切な時間。そのため、慢性的な睡眠不足は疲労と老化の原因になります。

過剰なストレスも自律神経を乱れさせ、細胞を傷つける原因になります。太陽からの紫外線の浴びすぎると、「光老化」と呼ばれる現象が起こり、皮膚にシミ・シワが増えて老化が促進されます。

それ以外にも「老化」には様々な要因があり、それぞれが複雑に絡み合っています。

ですので、痩せていることが直接的に老化の原因になるとは言えないでしょう。

 

ですが、痩せすぎ体型であると、実年齢以上に老けて見える傾向は確かにあるようです。

もし、痩せすぎて老けて見えるのであれば、栄養不足状態を改善し、適度な皮下脂肪をつけるしかありません。

炭水化物・脂質・たんぱく質をしっかりと摂り、野菜や果物などでビタミン・ミネラルもしっかりと摂取する。そうすれば、不健康な痩せ体型を脱却できるでしょう。

しっかりと食べるのが一番大切ですが、どうしても食べるのが苦手ということであれば「太るサプリメント」を補助的に利用するのもいいかもしれません。

 

太り過ぎも生活習慣の原因になり不健康ですが、それと同等かそれ以上に痩せすぎ体型は不健康に見えます。

いつまでも若々しく健康に生きるためにも、最低でもBMI=18.5以上を目指しましょう!!

*BMIは身長と体重で簡単に計算できる体型を測る指標。「BMI=体重(kg) ÷ 身長(m)÷身長(m)」この計算式で算出できます。BMI=22が日本人の平均値といわれています。

 

太るサプリメント・ランキング

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-痩せていることの弊害

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.