皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

効果的に太るサプリメント

フトレマックスに配合されているてんさい由来果糖とは?

投稿日:

フトレマックスには「ホエイペプチド」と「てんさい由来果糖」という、とても消化吸収に優れた栄養素が含まれています。

ホエイペプチドはたんぱく質の一種ですが、てんさい由来果糖は炭水化物の一種になります。

てんさい由来果糖の優れた効果について紹介します。

スポンサーリンク

てんさい由来果糖とは!?

人間のエネルギー源となる3大栄養素は「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」になります。

てんさい由来果糖は3大栄養素のなかでも、炭水化物に分類されます。

炭水化物を細かく細かく分解していくと、”果糖”になるのです。

そこまでの過程を簡潔に紹介します。

 

まず炭水化物は糖質と食物繊維に分類できます。炭水化物と糖質って混同されがちですが、実は全然違います。炭水化物に含まれる食物繊維は、まったくの0カロリーなので栄養になりません。そのため炭水化物のカロリーと糖質のカロリーはまったく同じになるので、混同されてしまうんですね。

炭水化物から食物繊維だけを取り除くと、そこには糖質が残ります。

とうぜん、炭水化物よりも糖質だけの方が消化吸収の効率は良いことになります。

この糖質も、さらに分解することができます。

糖質をさらに分解すると…?

糖質で一番大きいのは多糖類(たとうるい)です。ごはんや芋類に含まれる”でんぷん”などが多糖類に含まれます。

糖アルコールはエリスリトール、キシリトール、マルチトール、ソルビトールなどが分類されます。人工甘味料なんかも糖アルコールであることが多いです。摂取してもエネルギーになりにくいという特徴を持っています。そのためダイエット食品に利用されていますが、太りたいというのなら摂取しない方が良いでしょう。

多糖類を細かくしていくと糖類になります。一番小さい単位のものが単糖類(たんとうるい)と呼ばれます。果糖やブドウ糖などがあります。

単糖類が100個も1,000個も結合することで、でんぷんなどの多糖類が出来上がります。

糖質を摂取すると、胃で消化された後に十二指腸で単糖類まで分解され、次の小腸で吸収されます。

でんぷんとは違って、果糖などの単糖類は十二指腸での消化の必要がありません。

当然のことながら、でんぷんなどの多糖類よりも、単糖類の方が遥かに吸収効率が高いし、吸収スピードも早いってことです。

てんさい由来果糖とは?

てんさいは根菜類の一種です。てんさいの根っこにはショ糖という糖分がたくさん含まれています。

ショ糖は二糖類、つまり単糖類が2つ結合したもの。ブドウ糖と果糖がくっついてできています。

単糖類よりも二糖類の方が消化吸収のスピードが遅いので、これをさらに細かくして果糖だけにしたもの、それがてんさい由来果糖だと思われます。

つまりてんさい由来果糖とは、てんさいの根っこにあるショ糖を分解して得られた果糖のことを指しているんですね。

果糖の含まれる果物もオススメ!

食べても太れない原因のひとつに、胃腸の働きが弱くて栄養を吸収できないというものがあります。

糖質の中でも大きいでんぷんは一番消化が難しく、糖アルコールも消化しずらい特徴を持っています。

つまり炭水化物と呼ばれるカテゴリーの中で、一番小さい単糖類がダントツで吸収が早いのです。

さらに果糖は、同じ単糖類のブドウ糖と比べても、血糖値を上げにくく、脂肪になりやすいという特徴を持っています。

 

果糖というくらいなので、果糖は果物にも多く含まれています。吸収が良く胃腸の負担にならないので、果物をデザートとして食べるのも良いですね。

お菓子を食べるよりも、ビタミン・ミネラルなどの栄養素が同時に摂取できます。

 

もちろん、単糖類である”果糖”と共に、消化吸収によい”低分子プロテイン”や胃腸の調子を整える”乳酸菌”もたくさん配合されたフトレマックスもオススメです。

1日に1回、いつもの食事にプラスして、好きなタイミングで飲むだけでOKです。継続して飲み続ければ、少しずつガリガリ体型が改善されていくのを実感できると思います。

 

太る専用プロテイン「フトレマックス」の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-効果的に太るサプリメント
-

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.