皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る食事

炭水化物・脂肪・たんぱく質の違いと太りやすさについて

更新日:

人間にとって大事な3大栄養素に「炭水化物」「脂肪」「たんぱく質」があります。

これらは人間が活動する際に必要なエネルギー源であり、必要不可欠な栄養素。でも、それぞれの違いを正確に知っている人はあんまりいないのではないでしょうか?

炭水化物を食べてもカロリー摂取できそうだし、脂肪もたんぱく質も食べればカロリーになります。

それぞれの違いとは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

3大栄養素のそれぞれの特徴

たんぱく質

1g=4kcalのエネルギーになります。

たんぱく質は血液や筋肉の源となる、とても大切な栄養素。肉や魚、大豆なんかにたくさん含まれています。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

炭水化物(糖質)

1g=4kcalのエネルギーになります。

ごはんやパンなどの主食に多く含まれ、主要なエネルギー源になります。

脂質に比べて消化・吸収が早く、すぐにエネルギーとして使用される特徴を持っています。

砂糖に含まれる糖質はショ糖と呼ばれていて、ごはんや芋類に含まれる糖質は多糖類と呼ばれますが、体内で分解されて最終的には同じブドウ糖に変化します。

脳、神経組織、低酸素状態の筋肉は、ブドウ糖しかエネルギー源として利用できません。

それだけでも、炭水化物(糖質)がどれほど重要な栄養素なのかわかりますね。

脂質

1g=9kcalのエネルギーになります。

大別すると動物性と植物性のものがあります。

糖質が速攻でエネルギー源になるのに対し、脂質はゆるやかにエネルギーとなります。1gあたりのカロリーも一番高く、体を動かすエネルギー源になります。

活動で消費しなかった分は、脂肪として蓄えられます。

また、脂質はエネルギー源になるだけではなく、脂溶性ビタミンの吸収を助けたり、細胞膜やホルモンを生成する材料にもなります。肌や髪の毛の健康を保つためにも欠かせない栄養素です。

ココナツオイルやオリーブオイルなど、植物性オイルは健康にいいものがたくさん。

3大栄養素のどれが一番太りやすいのか?

厚生労働省によると、この3大栄養素の摂取バランスは「たんぱく質20%」「脂質20%」「炭水化物(糖質)60%」が良いとしています。

説明した通り、3大栄養素はそれぞれ大切な役割を持っています。炭水化物抜きダイエットのようなバランスを欠いたダイエット法は健康に悪いのが分かりますね。(炭水化物抜きダイエットの第一人者であるおじさんは心筋梗塞で亡くなってます!)

では、3大栄養素のどれが一番太りやすいのでしょうか?

一番1gあたりのカロリーが多い脂質…ではなく、炭水化物(糖質)です。

その理由は食べやすさにあります。

脂質がカロリー豊富だからといって、肉の脂身ばかり食べれませんし、バターやオリーブオイルを食べるのにも限界があります。

その点、炭水化物(糖質)は摂取しやすい。

ごはん、パン、パスタ、うどん、ジャガイモなんかも炭水化物たっぷり。お菓子やフルーツなんか糖質が多い食品ですね。

たんぱく質や脂質よりも糖質の方が食べやすいし、カロリーを摂取して太るのに最適であることが分かります。

 

健康のために「たんぱく質20%」「脂質20%」「炭水化物(糖質)60%」のバランスをとるのは大事ですが、もし体重を増やしたいということであれば炭水化物が一番手っ取り早いってことですね。

関連記事:意外と知らない?炭水化物と糖質の違い

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る食事

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.