皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

美しく健康的に太るために皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知ろう。

更新日:

脂肪は蓄えられる箇所によって2種類に分けられます。

内臓脂肪」と「皮下脂肪」です。

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪のこと。主に小腸や大腸のまわりに多く蓄えられ、メタボリックシンドロームの原因にもなります。中年男性特有のお腹だけがやたらと大きくなるタイプの肥満は、内臓脂肪が原因と考えられます。

皮下脂肪は皮膚の下に存在する脂肪で、指でつまめる脂肪のことです。主に二の腕や腰回りに蓄えられます。

 

一般的に男性のほうが内臓脂肪をためやすく、女性のほうが皮下脂肪がつきやすいという傾向があります。

この理由は正確にはわかっていませんが、ホルモンが関係しているようです。女性ホルモンが皮下脂肪を蓄える作用があるようで、女性でも加齢によって女性ホルモンの分泌が減ると、内臓脂肪がつきやすくなります。

内臓脂肪は内臓に負担をかけ、血糖値や血圧を上昇させてしまいます。その結果、いろんな成人病の原因になる可能性があります。それに比べて皮下脂肪は健康被害はあまり起こりません。付けすぎると下半身太りの原因になりますが、ほどよい皮下脂肪は美しいスタイルにとって必要不可欠です。

では、皮下脂肪と内臓脂肪の違いをまとめてみましょう。

内臓脂肪

  • つきやすく、ダイエットすると減りやすい
  • 内臓の周りにつく脂肪。特におなか周りの内臓につきやすい
  • 血圧や血糖値を上げ、成人病の原因になる

皮下脂肪

  • ゆっくりと皮膚下に蓄えられ、ダイエットしても減りにくい
  • 皮膚の下に蓄えられる脂肪。特に下半身や二の腕に蓄えられやすい
  • 健康被害はあまりない

つまり健康的に太るには、男性にしろ女性にしろ、皮下脂肪をつけるのがおすすめです。

しっかりと皮下脂肪を蓄えれば、ちょっとくらい運動したり食べる量が減っても、内臓脂肪よりも減りづらいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.