皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

太れない原因!?ストレスで食べ物が不味く感じる理由と対策

投稿日:

常にストレスを感じていると、痩せやすくなってしまう可能性があります。

それはストレスが味覚にも悪影響を与えるから。

人は強いストレスを感じていると、”食べ物の美味しさ”を感じにくくなります。

何を食べてもマズいので、その結果食欲が低下し、痩せすぎの原因になってしまうのです。

では、ストレスを感じているときに美味しく食べるのはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

ストレスと味覚との意外な関係

ストレスと味覚についての研究の結果、ストレスを感じている状態だと味を感じる能力が低下することがわかりました。

味覚には甘味・塩味・酸味・苦味・うま味の5種類があり、それらが相互に関連していろんな味わいが表現されています。

不思議なことにストレス状況下にあると、特に苦味を感じる能力が低下し、甘みはより強く感じることがわかりました。

つまり、ストレス感じれば感じるほど、甘いデザートがより美味しく感じるわけです。

ストレスで甘いものが食べたくなる!なんて話も聞きますが、科学的な根拠があるんですね。

 

ストレスで何を食べても美味しくない、なんだか食欲がない、そんな時は甘いものを積極的に食べてみましょう。

甘いものであれば、ストレスの影響を受けずに美味しく食べることができるでしょう。

甘いものは、それ自体にストレスの緩和効果があります。

それに少しでも食べることができれば、胃腸へのいい刺激になり、より空腹感を感じることができやすくなると思います。

 

ちなみに肉体的なストレス、つまり運動でめっちゃ疲れている状態では、酸味を感じにくくなるそう。

マラソンの後のような強い身体的ストレスの後では、酸っぱいレモンも平気で食べられるそうです。味覚とは不思議なものですね。

食べ物を美味しく感じるために

大好きな異性と食事をしていると、食べ物の味を感じない…。

明日緊張するイベントがあると、食べる気が起きない…。

誰もが感じたことがあると思います。

 

「食べ物を食べておいしいと感じる」という感覚は、なにも舌の上で味を感じるだけで発生するわけではありません。

「美味しい」や「不味い」は脳が感じています。

身体全体の感覚も含めた五感をフルに活用して感じているといっていいでしょう。

寒いところで食べラーメン。

大自然の中でのバーベキュー。

登山して山頂で食べるサンドイッチ。

その時の状況によって、味覚は大きな影響を受けます。

そう考えてみると、ストレスがある状態と、リラックスしている状態で感じる味に大きな違いがあるのもわかりますね。

 

なんだか食べ物が美味しく感じない…

なんだか食欲がわかない…

そんな時は、寒くも、暑くもない、快適な環境で食事をすることや、テレビを観たり、音楽をかけたり、リラックスできる環境を演出するのも大切なんですね。

食べ物を美味しく見えるように盛り付けたり、お皿の色や、全体の色彩にこだわるのもいですね。

ストレスでゲンナリしがちな日々を送っているのなら、視覚や嗅覚、感覚に訴えかけるような食事を演出するのが大切です。

 

もちろん、ストレスで食欲がわかないときは甘いものを食べるのもオススメですが、甘いものの食べ過ぎは禁物。

甘いものばかりでお腹いっぱいになってしまうと、栄養のバランスが崩れてしまいます。

あくまでもストレスいっぱいの生活の中の”良い刺激”として甘いデザートを活用しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.