皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

食べてすぐ横になると健康的に太れる!その理由とたったひとつの注意点は?

更新日:

「食べてすぐ横になると牛になる」ということわざがあります。このことわざは「食べてすぐに横になると行儀が悪いからやめましょう」という意味です。

ですが、痩せ体形の人が健康的に太るには、食べてすぐに横になったほうがメリットがたくさんあるみたい。ちょっと行儀は悪いかもしれませんが。

食べてすぐに横になることの効果と注意点を紹介します。

スポンサーリンク

食べてすぐ横になって牛になるメリット

「太るプロ」である相撲取りは、午前中にみっちりと稽古した後にお昼ご飯をたくさん食べて、そのあとは絶対に昼寝の時間を取ります。これはどこの相撲部屋でも一緒、長い歴史の中で培われた”体を大きくするため”の生活リズムです。

このことからも昼寝は太ることにとても大切なのが分かりますね。

では食べて横になると身体によい影響があるということの科学的な根拠を説明します。

実は、立っていようと、座っていようと、寝ていようと、消費カロリーの観点からはそれほど大差はありません。

横になることによる一番のメリットは「胃腸の負担を和らげる」という効果です。

食べた後は胃の中にたくさんの食べ物があり、それを身体は一生懸命消化しようとします。その結果、体中から胃に血液が集まります。(一説には食後眠くなるのは、血液が胃に集まり、脳の血流が低下するからだとも言われています)

胃が頑張って消化しようとしているときに、もし歩いたり運動をしたらどうなるでしょう?

筋肉への血流が増加し、その分胃の血流が低下します。その結果、胃腸の消化機能が低下してしまうのです。

食後に横になって安静にしていれば、胃に集まった血液によって効果的に消化が進むことになります。消化が効果的に行われるということは、摂取した栄養が十分に吸収できるということ。

とくに体質的に胃腸の働きが悪くて食べても太りづらい方は、食後に積極的に食休みをとるのが重要です。そうすることで、胃腸の働きが良くなるでしょう。

昼寝をするときのたった一つの注意点

食後に横になると、胃腸の働きを良くすることができ、特に胃腸の調子が悪い時はとてもおすすめです。

…が、ほんとに熟睡してしまうのは逆効果。

ガチで眠ってしまうと、副交感神経が優位になり、身体と共に消化器官も休もうとします。その結果、胃腸の働きも鈍り、消化するのに余計に時間がかかってしまうのです。

眠っているのに胃腸は働いている状態なので、眠り自体も浅くなります。そうなると、疲れも取れません。

食べた直後の睡眠はとても中途半端なものになってしまうのです。そのくせ、ちょっと眠ったので、夜に寝つきが悪くなる原因にもなります。

昼は横になるだけにしてメリハリのある生活をしたほうが、胃腸の調子がよくなりますし効果的に太れるでしょう。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.