皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

お腹がすくのに食べられない、食欲がわかない理由と改善方法

投稿日:

「お腹がすく」ということと「食欲」は、実は完全に連動しているわけではありません。

お腹がすいていないのに何か食べたくなることもあるし、お腹がすいているのに食欲がまったくわかないこともあります。

お腹がぐ~ぐ~いってるのにまったく何も食べたくない、そんな軽々を持っている方も多いのではないでしょうか。

”お腹がすく”ということは、身体が「栄養が欲しいよ~」と言っている状態です。それなのに食欲がわかずに何も食べられないと、健康を害しますし、体重も減ってしまいます。

お腹がすいてるのに食べられない原因とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

空腹感と食欲の関係

お腹がすいているのに食欲がわかない…

その理由として考えられるのが体調不良や何らかの病気、精神的ストレス、そして”空腹への慣れ”です。

それぞれを順番に説明します。

 

まずは体調不良や病気による食欲不振について。

例えば季節の変わり目による温度・湿度の変化の影響によって起きる体調不良も食欲不振の原因になります。

「毎日暑くて食欲が出ない…」

なんてのも、暑さによる体力低下や自律神経の乱れで引き起こされています。

この場合は、しっかりと快適な環境を整えて、リラックスするのが大切です。

 

不健康な生活習慣の影響による内臓の不調も食欲不振を引き起こします。

睡眠不足やハードワークが続くと内臓機能が低下し、食べたくても食べる元気がない…なんて事態になることも。

食欲がないのに無理に食べるよりも、しっかりと休息を取ったりしながら健康な生活を送るのが大切です。

 

また、服用している薬の副作用、何らかの疾患が原因の場合も考えられます。

風邪をひいたときなんかは全然食欲が沸きませんよね。

風邪ならまだしも、何らかの重大な内臓疾患が原因の可能性もあるので注意が必要です。

ある日突然に「お腹が空くのに食べられない」なんて不自然な状態になったら、念のため病院で検査してもらうことをお勧めします。

 

というわけで、こういった薬や病気が原因であれば、その原因を取り除くことで食欲は回復します。自分で何とかしようとせず、しっかりと病院で診察を受け、適切な治療をする必要があるでしょう。

 

こういった体調が引き起こす食欲不振もありますが、もっとも多いのがメンタルが原因の食欲不振でしょう。

精神的ストレスは胃腸にダイレクトに作用する

朝から何も食べてなくてお腹が「ぐぅ~っ」と鳴っているのに、まったく食欲が湧かない。

人間関係や仕事、学校などで過剰にストレスを抱えると、このような”ご飯が喉を通らない状態”になってしまいます。

すっごく怖い上司や、憧れの異性と一緒に食事をするときに、ストレスで食欲がなくなっちゃう…そんなこともありえます。

きっと誰もが一度くらいは経験があるのではないでしょうか。

 

それ以外にも、ずっと心の片隅にある心配事、悩み、嫌な思い出、このようなものもストレスとなり、食べる気持ちを萎えさせてしまいます。

 

「ああ、緊張で胃が痛い…」なんてことがあり得るように、精神的ストレスは消化器官にダイレクトに作用します。

 

強烈な心配事があったり、ショックな出来事があった直後には、どんなに美味しいものを食べてもまったく美味しく感じません。それだけではなく、吐き気を感じてしまうこともあります。

強いストレスで胃がキリキリ痛くなったり、ひどい場合は胃潰瘍になったりすることもあります。或いは強いストレスで便秘や下痢を引き起こすことも。

このことからも、ストレスが消化機能にとんでもない悪影響を及ぼすことがわかりますね。

 

一般的には食欲がわかないのなら、お粥などの消化に良いものを食べるのがよいとされますが、ストレスが原因の場合はあまり効果的とは言えません。

この状態を改善するには、精神的なストレスをなくすのが一番。

 

とはいえ、いきなり「ストレスを感じなくなりましょう」とか「ストレスの原因を取り払いましょう」とかいわれても難しいですね。

どうすればストレス状況下でも、しっかりと食べれるようになるのでしょうか?

食欲を感じるためのストレス軽減方法

ストレスによって食欲不振になってしまう人の特徴として、「痩せている」「運動不足」「睡眠不足」「ネガティブ思考」などが挙げられます。

普通体型、もしくは太っていて、しかも普段から運動をしている人や、しっかりと寝ていて、物事をポジティブに捉えられる人であれば、大きなストレスを感じても食べられなくなるということはあまりないでしょう。

 

では、どうすればいいか?

オススメは適度な運動です。

運動にはストレス解消効果があります。定期的に運動をするだけでうつ病の発病リスクを下げたり、うつ病の改善効果もあるくらいです。

特にリズム軽に身体を動かす運動が効果的。

ダンス、エアロビクス、ランニングなどですが、簡単にできて効果が高いのがウォーキングです。

 

ただ散歩をするだけ。

 

しっかりと運動をすれば身体が疲れて、自然とよく眠れるし、カロリーを消費するので自然な空腹感も得られるでしょう。

お腹が空き過ぎると食欲がなくなってしまう理由

「お腹がへってきたけど、まだ仕事があって食べられない」そんな状態に陥った時に空腹感が限界を超えると、逆に空腹感がなくなってしまうことがあります。

ダイエットもずっと頑張りすぎると、そもそもお腹が減らなくなってきます。

その理由は、”空腹感”というもの自体が”脳が感じている感覚”に過ぎないからです。

 

空腹感や満腹感をコントロールするのは、脳内にある空腹中枢満腹中枢

この部位が身体からのシグナルを受診して、空腹感を感じるべきか満腹感を感じるべきかコントロールしています。

 

満腹中枢や空腹中枢はいろんな要素に影響されますが、最もダイレクトに影響するのが血糖値です。血糖値は血液内の”糖質”(エネルギー)の割合のことで、少なくなると空腹を感じ、食事をして上がると満腹感を感じます。

また、胃にたくさん食べ物がはいると、胃からも満腹中枢にシグナルがいくとされています。

 

血糖値が低い状態が続いたり、胃に何も入っていない状態が続くと、空腹中枢に「飯を食え~」と身体から要請が入ります。

そこで「お腹空いたなぁ~」と感じるわけですね。

で、この脳からの指令を無視し続けると…なんと空腹中枢が身体からのシグナルに慣れてしまうのです。

人間は暑さや寒さに慣れたり、臭いニオイになれたり、過酷な仕事内容にだってなれることができます。それと同じように空腹にもなれることができるのです。

まったく、恐るべき適応能力といえるでしょう。

 

この場合に大切なのは、少量でもとにかく何か食べることです。

食べなくていいと思っているのは脳だけで、身体は切実にエネルギーを求めています。

食欲がないから食べられない、という状態ではないのです。

 

何かを食べることで胃腸も刺激されますし、血糖値も上がります。これらが刺激となって、再び空腹中枢が空腹感を取り戻すことができるでしょう。

健康な食欲を感じるためにやって欲しい3つの方法

「お腹が空いているのに食欲がない…」

その原因が体調不良の場合は、無理にたくさん食べようとせずに、まずはしっかりと健康を取り戻すことが大切です。

しっかりと眠ったり、休憩をとったり、消化が良くて栄養があるものを食べたりして体調の回復に努めましょう。

なんらかの病気が疑われる場合は、しっかりと病院で診察を受けるのも大切。健康な肉体を取り戻せば、健康な食欲を取り戻すことができると思います。

 

ストレスが原因で「お腹がすいているのに、食べたくない」と感じている場合や、日常的に運動不足の場合は、まずはしっかりと運動をするのが大切です。

無理に美味しいものを食べようとしたり、消化に良いものを食べようとしてはいけません。

こういった行為を続けると、だんだん食べることが楽しくなくなってきてしまいます。

「食べることが辛い」という考えを持ってしまうと、ますます食欲も沸かなくなってしまうでしょう。

 

1日30分程度の散歩でも十分です。

毎日運動しなくても大丈夫です。

大切なのは継続すること。そうすれば、ストレス解消になり、自然な空腹感を感じることができると思います。

 

元々小食であったり、何も食べない時間帯が長かったり、食べるのが好きではない、なんて方は空腹中枢が鈍感になっている可能性もあります。

そんな時に「お腹減ってないし」と何も食べないと逆効果。

お腹が空いていなくても、少しでもいいから何かを食べる。そうすることで、少しずつ正常な空腹感を感じれるようになるでしょう。

ポイント

①体調を整える

②軽い運動を心がける

③少しでもいいから何か食べる

お腹が空いているのに食欲がわかない場合は、これらの対処法を行うことで解決できるでしょう。

 

もちろん、これらの対策ですべてバッチリ解決するわけではありません。

あまり食べられずに疲れやすく生活するのがしんどい場合は、ちゃんと医療機関を受診しましょう!!

オススメ記事:効果と成分で徹底比較!太るサプリメント・ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.