皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

なぜあなたは食べても太らないのか?

デブ菌を増やして太りやすい体質になる方法とは!?

投稿日:

2006年にイギリスの科学雑誌ネイチャーで「肥満体型と痩せ型体型の人では腸内細菌の種類やバランスが違う」という事実が発表されました。

太りやすい人、痩せやすい人、その違いが食生活ではなく、腸内環境にあるということが驚きです。

太りやすい人は平均的な食事量だったとしても太るし、痩せやすい人は平均的な食事量だったとしても体重が減る可能性があるのです。

この研究の内容と共に、太りやすい腸内環境に変化させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

太りにくい体質の人の腸内には、太りにくくする腸内細菌が多い!

研究を行ったのはハーバード大学の研究者と、ワシントン大学医学部のジェフリー・ゴードン博士率いる研究チーム。

研究チームは痩せているマウスの腸内細菌を採取し、太っているマウスに移動させるという実験を行いました。

すると腸内細菌を移植された痩せているマウスは、今までと同じ量のエサを食べているにもかかわらず太りやすくなったのです。

 

このような腸内細菌の変化は、マウスだけでなくなんと”魚”でも確認されました。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究チームが小さなお魚「ゼブラフィッシュ」の腸内環境を調べました。

その結果、エサをたくさん食べるゼブラフィッシュほど、腸内のファーミキューテス(デブ菌)が多く、脂肪の吸収効率が良くなっていたとのこと。

 

つまり、「太りやすい体質」や「食べても太れない体質」は、胃腸の調子や食生活の内容なども重要ですが、それと同じくらい腸内細菌の種類やバランスが重要な役割を担っているようなのです。

 

腸の中にはたくさんの種類の細菌がいます。

善玉菌に分類されるビフィズス菌や、悪玉菌といわれる大腸菌なんかが有名ですね。

腸内細菌は何千という種類が混在していますが、大きく4種類に分類することができます。

バクテロイデス門、ファーミキューテス門、アクチノバクテリア門、プロテオバクテリア門の4種類。(”門”は細菌のおける分類の単位です)

中でもファーミキューテス門とバクテロイデス門の2種類は、腸内細菌をうちの80~90%をが占めている多数派です。

ゴードン博士の研究チームがマウスの腸内細菌を詳細に調べたところ、痩せやすいマウスにはバクテロイデスが多く、ファーミキューテスが少ないという傾向があることがわかりました。逆に太りやすいマウスにはファーミキューテスが多く、バクテロイデスが少なかったのです。

 

この腸内細菌と体重の関係は、そのまま人間でも当てはまりました。

太っている人の腸にはファーミキューテス菌が多く、痩せている人の腸にはバクテロイデス菌が多かったのです。

ゴードン博士によると、腸内のファーミキューテス菌は消化されにくいデンプンなどの多糖類を分解し、効率的にエネルギーとして吸収することができるようなのです。

またファーミキューテスの多いゼブラフィッシュは脂肪の吸収効率がよくなっていたため、糖質だけでなく脂質の吸収効率も良くなる可能性があります。

ファーミキューテスには腸内で糖質と脂質を効率的に消化し、吸収する作用があるんですね。

そのため、少量の食べ物からでもたくさんのエネルギーを摂取でき、身体にため込むことができる。

逆にバクテロイデス優位の腸内環境だと、たくさん食べても効率的にエネルギーを吸収できず、上手く太ることができないことになります。

 

この事実から、痩せているマウスに多い「バクテロイデス類」をヤセ菌、太っているマウスに多い「ファーミキューテス類」をデブ菌、なんてわかりやすく呼ぶこともあります。

つまり、痩せ体質に少ない腸内細菌であるデブ菌(ファーミキューテス類)を増やすことができれば、太る体質に変わることができる可能性があるのではないでしょうか。

ポイント

ファーミキューテス菌は腸内でエネルギーの吸収効率を上げることから、デブ菌と呼ばれる。

バクテロイデス菌はエネルギーの吸収を阻害するので、腸内で増えすぎると食べても太らない体質になる。

デブ菌(ファーミキューテス類)の役割と増やす方法

デブ菌や痩せ菌という言葉は、テレビのバラエティ番組で視聴者にわかりやすく伝わるように考えられた”造語”です。

「痩せ菌を増やして痩せ体質を手に入れよう!!」なんて感じで使われます。

このようにダイエットの方法を紹介するときに使われているので、「デブ菌=悪玉菌」「痩せ菌=善玉菌」というイメージがありますね。

ですが、痩せ菌はエネルギーの吸収を阻害しますし、デブ菌はエネルギーの吸収を促進させます。生物としてみるのなら、デブ菌が多いほうが健康的といえるのではないでしょうか。

実際のところ、ファーミキューテスもバクテロイデスも、それ自体が身体に悪いというわけではなく、どちらも大切な腸内細菌。

善玉菌でも悪玉菌でもありません。

大切なの腸内細菌のバランスです。どちらかが欠けても健康的な腸内環境にはなりません

では、腸内のファーミキューテスを増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ファーミキューテス門は腸内の食べ物を効率的にエネルギーに変えて吸収することができます。

つまり食いしん坊の腸内細菌ってことです。

ファーミキューテスを増やすには、ファーミキューテスの活動を活性化させる必要があります。

そのためにはエサとなる食事をすればOK。

食事量を多くすること、特にファーミキューテス菌の大好きな糖質や脂質の多い食事をすること、そうすれば自然とファーミキューテス菌は増えていくでしょう。

 

実際、人間とマウスの実験によると、高カロリーで高脂肪の食事を続けると腸内のファーミキューテス菌が増え、低カロリーで低脂肪の食事を続けるとファーミキューテス菌が減ることがわかっています。

痩せている人や、胃腸が弱くて脂っこいものをあまり食べられない人は、ファーミキューテス菌の活動が低下している可能性があります。

食べないから、ファーミキューテス菌が減ってしまい、太りにくい体質になってしまうという悪循環に陥っているのです。

ファーミキューテス菌を増やすには、無理のない程度にしっかりと食事をするのが大切なんですね。

 

でも、腸内環境なんて簡単に変わるの??

そう思うかもしれません。ですが、腸内細菌の環境は食生活によって、かなり短期間で激変します。

具体的には、数週間も食事内容を変えると、腸内フローラもかなり変わってしまうようなのです。

もし自分は太らない体質だから…と諦めて小食を続けているとしたら、ますます太らない体質になってしまうでしょう。たとえ太らなかったとしても、ちゃんと食事をとることが太る体質になるための第一歩なのです。

 

また、脂っこいものが苦手だったとしても、ちゃんと食べることが大切です。

厚生労働省では、1日の摂取カロリーの20~30%は脂質から摂ることを推奨しています。

肉の脂身もそうですが、オメガ三脂肪酸が多い青魚の脂、健康に良いとされるオリーブオイル、脂質の多いナッツ類などをバランスよく食べましょう。

油で調理した野菜類もオススメです。

野菜のようにもともと油を含まない料理は、調理によって使われた油を吸収しやすいという特徴を持っています。

オリーブオイルをたっぷりと使って野菜を炒めて、そこに少しだけ塩・胡椒。こんなシンプルな野菜炒めを食べるだけでも、ビタミン・ミネラルとともにしっかりと脂質が摂取できてオススメです。

 

1日の総摂取カロリーを増やすとともに、ちゃんと糖質や脂肪分の多い食事も食べる。

 

そうすれば腸内細菌が変化して、太りやすい体質になるのではないでしょうか。

ポイント

腸内のファーミキューテス菌(デブ菌)を増やすには、栄養バランスの取れた食事をしっかりと食べることが大切。

特に脂質をしっかりと摂りましょう。脂質は細胞膜の原料となりますし、健康維持にとても大切な栄養素です。

腸内環境に着目した太るサプリメント「ファティスタ」

肥満や痩せ体型と腸内細菌に関係があるということや、その詳細については、けっこう最近の研究で判明しました。

ダイエット番組で腸内細菌が取り上げられるようになったのも、つい最近からです。

そんな腸内細菌に着目して、食べても太ることができない体質をしっかりと太る体質に改善するためのサプリメントが新発売されました。

太るサプリメント「ファティスタ」です。

この商品が発売直後であるにもかかわらず、口コミでかなりの人気になっています。

太りにくい体質、つまり腸内にバクテロイデスが多い人は、食べ物を食べても栄養素がしっかりと分解されずにそのまま排出されてしまいます。

これではたくさん食べても体重は増えません。

ファティスタは腸内環境を整え、栄養吸収効率を上昇させる成分を厳選して配合してあるので、その一部を簡単に紹介します。

ファティスタの特徴

①酵素と補酵素

消化吸収を助ける5種類の酵素と3種類の生酵素、そして酵素の働きを活性化させる補酵素がまとめて配合してあります。

消化酵素は食べ物を消化すると消費されて減ってしまいます。慢性的な消化不良は体内の酵素不足が原因かもしれません。

②乾燥生ショウガ

ファティスタには高濃度の乾燥生ショウガ成分が配合されています。

ショウガのエキスは身体を温めてくれますが、消化器官である胃腸も温めて消化活動を活性化させる効果が期待できます。

③腸内環境を整える菌類

腸内環境を整える乳酸菌・ビフィズス菌、そしてこれらの善玉菌のエサとなるオリゴ糖がまとめて配合されています。

特に乳酸菌はファーミキューテスの仲間なので、腸内の消化活動を良くしてくれるでしょう。

ファティスタは1日6粒を目安に飲みます。この一粒にいろんな成分が詰まっています。

食べても太れないと悩んでいるのなら、ファティスタを使うことで悩みが解決するかもしれません。

女性はもちろん、男性でも使えて、30日間の全額返金保証も付いています。

ファティスタの値段は、1か月分で通常価格7,000円です。

ですが、定期購入コースを利用することでさらに割安で購入できます。

条件 料金
完全ふっくらコース 9カ月の継続が必要 3,500円/1袋
徹底ふっくらコース 6カ月の継続が必要 4,900円/1袋
集中ふっくらコース 3カ月の継続が必要 6,300円/1袋

もし定期購入コースを申し込んだとしても、飲んでみてイマイチだったり「自分には合わないな」と感じたら、1か月以内に申し出れば解約することができます。また、定期購入の途中でも体調不良などが原因であれば購入を中止することができます。かなり良心的なシステムですね。

本格的に太りたいのなら「完全ふっくらコース」がおススメですが、ファティスタによる体質の変化は3か月毎日使い続けることでも実感できると思います。

最初は「集中ふっくらコース」でもいいですね。

もしファティスタを3か月毎日使ってみて、その効果になっとくできたら「完全ふっくらコース」に変更し、イマイチだったら購入を辞めればいいと思います。

私もファティスタを飲んでいますが、体重が増えているのを実感しています。

ただファティスタを飲むだけでなく、しっかりと食べることも体重を増やすには大切ですね。

ファティスタの効果的な使い方

ファティスタは腸内環境を整えることを目指しているので、毎日飲み続ける必要があります。

逆に言えば、毎日飲み続けないと腸内細菌は変わらないということでもあります。

腸内環境は食生活を変えることで、だいたい2週間くらいで徐々に変化していくと言われています。なので、ファティスタも飲み続けて2週間くらいからちょっとずつ腸内環境が整っていくと考えられます。

ファティスタを飲むタイミングについては、特に取り決めはなく自由です。1日6粒というのも朝昼夜に分けてもいいですし、夜に6日粒全部飲んでも大丈夫。

ただし、個人的には食後に飲むをがオススメです。

ファティスタに含まれる生酵素は酸性の胃液などで変質してしまう可能性があります。空きっ腹にいきなりファティスタを飲むと、せっかくの消化酵素の働きがイマイチになってしまうかもしれません。

それよりも食後で胃の中に食べ物がしっかりある時のほうが、ファティスタの消化酵素が有効に働いてくれるでしょう。

ファティスタを飲む量については、食事の量で変動させるのがオススメ。

朝少ししか食べないなら1粒、昼普通に食べるなら2粒、夜しっかり食べるなら3粒、というように1日のトータルで6粒になるように自分なりに調節しましょう。

 

以上が、ファティスタの使い方の基本です。

大切なことなのでもう一度言いますが、ファティスタは毎日欠かさずに飲むのが大切です。

 

食生活も少しだけ糖質や脂質が多めの内容がオススメ。

ご飯やパンなどの主食類をしっかりと食べたり、ナッツ類やオリーブオイルなどの脂質の多い食品を積極的に食べましょう。そうすれば、腸内のファーミキューテスが増える手助けとなるでしょう。

そうして腸内の消化吸収効率が上がれば、たとえたくさん食べられなくてもしっかりとカロリーを摂取できます。

 

腸内の環境を変えて消化吸収を良くするのはなかなか難しいですが、ファティスタは腸内の変化を総合的にサポートしてくれます。

ガリガリ体型に悩んでいて健康的に太りたいのなら、1度だけでもいいので最低3か月、ファティスタを使ってみてはいかがでしょうか。

ポイント

ファティスタは「食べても太れない!」から「食べたらちゃんと太れる」という体質に変化するサポートをしてくれます。

しっかりと食事をして、適度に運動し、ぐっすりと眠り、毎日ファティスタを飲み続ければ、数か月後には体形の変化を実感できるでしょう。

ファティスタ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-なぜあなたは食べても太らないのか?

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.