皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

夏痩せの原因!クーラー病で食欲不振になってしまった場合の対処法

投稿日:

クーラー病って知っていますでしょうか?

その名の通り、クーラーの使い過ぎで体調不良になってしまうことを指していて、冷房病とも呼ばれています。

寒いくらいに冷えた室内と、ギラギラと太陽が輝く炎天下を繰り返し行き来することで、体内の調節機能がおかしくなってしまうことが原因で発症します。

 

その症状は多岐にわたっていて、食欲不振で痩せてしまうことも。

ただ夏バテで食欲がないのだと思っていたら、実はクーラー病だった、なんてケースもあります。

今回は夏痩せの大きな原因のひとつであるクーラー病の原因や対処法について紹介します。

スポンサーリンク

夏痩せの原因!クーラー病の原因と症状

まずはクーラー病(冷房病)の原因を簡単に説明します。

人は暑いと汗をかきますし、寒いと身をギュッと縮こめます。これは体温を調節するために、自律神経が管理してくれるおかげ。

自律神経は私たちの意思とは関係なく、身体を健康に保つために活動しています。

食べ物を食べると消化が始まるのも、緊張したらドキドキして汗をかくのも、意識しなくても呼吸を繰り返すのも、すべては自律神経が肉体をコントロールしているから。

この自律神経にダメージを与えるのが激しい気温差です。

寒い部屋、暑い外、これを何度も何度も行ったり来たりすると、身体は冷えに対処していいのか、暑さに対処していいのかわからず、自律神経が疲れ果ててしまいます。

その結果、肉体の機能が正常に働かなくなり、いろんな悪影響が現れてしまうのです。

 

一般的には、室内の気温と外の気温の差が5度以上あると、自律神経に負担を与えるとされています。

 

クーラーのガンガンに効いた寒い室内で自律神経が乱れると、血管が収縮してしまい、全身の血流悪化の原因になります。

そうなると、前人の倦怠感やだるさを感じたり、胃腸などの内臓がうまく働かなくなったりします。

 

自律神経の乱れで胃腸の機能が低下するため、食欲がなくなったり、下痢や消化不良を起こしたりする…これがクーラー病で夏痩せしてしまう理由です。

 

「あづい~暑すぎてかき氷しか食べる気がしない~~」

なんて状態もクーラー病が原因で胃腸の調子がおかしくなっているからかもしれません。

 

こういった消化器系のトラブル以外にも、クーラー病は肩こりや腰痛、頭痛に腹痛、むくみや月経不順など、いろんな体調不良を引き起こします。

夏バテが続いてず~っと調子が良くないとしたら、クーラー病が原因だった、なんてこともありえるでしょう。

クーラー病を改善して夏痩せを防ぐ方法

では、クーラー病を予防・改善する方法を紹介します。

①クーラーを使いすぎない

猛暑だからと言って、クーラーで室内を冷やし過ぎるのは考え物です。設定温度は28度くらいに、どうしても暑い場合は26度くらいに設定して使いましょう。

クーラー病は気温の差が5度以上でリスクが上がりますが、猛暑で気温が40度の時にクーラーの設定温度を35度にするのは現実的ではありません。

クーラーの設定温度は28度以下にした方がいいでしょう。

また、日光を防ぐ遮光カーテンを利用したり、扇風機でクーラーの冷風を循環させることで、体感温度を下げることも可能です。

熱中症や夏バテを防ぎ、暑い夏を快適に過ごすために、適切にクーラーを使用しましょう。

②しっかりと睡眠をとる

クーラー病は自律神経の疲れがその大きな原因となっています。

そんな自律神経の疲れは、休息したり眠ることで回復します。

しっかりと睡眠をとれば、ちょっとくらいクーラーの効きすぎた場所を出入りしても、クーラー病になることはないでしょう。

逆に睡眠不足が続いていて体力が低下している場合には、キンキンに冷えたコンビニに入ったり、猛暑のなかを歩いたりを繰り返すだけですぐに自律神経が疲弊してしまう危険性があります。

しっかりと眠ること、そしてマメに休憩をとることで、クーラー病を予防できると思います。

③消化の良い食べ物を食べる

クーラー病に負けない身体をつくるためにも、栄養豊富で消化の良い食べ物をしっかりと摂ることが大事です。

食欲がないからといって、ちょっとした軽食だけで済ましてしまっては、余計にクーラー病が長引くでしょう。

そこでクーラー病対策のために避けた方が良いものと、積極的に食べたいものを簡単に紹介します。

クーラー病のときに避けた方がよい食べ物

  • アイスクリームなどの身体を冷やす食べ物
  • 天ぷらやフライドポテトなどの脂っこくて消化に悪いもの
  • お菓子やケーキなど白砂糖がたくさん使われている食べ物
  • 食物繊維が多くて冷たいサラダ類(少しならOK!)

クーラー病のときにオススメの食べ物

  • 煮込みうどんやおかゆなどの温かくて消化に良いもの
  • 消化吸収に優れてたんぱく質も摂れる豆腐などの大豆製品
  • 魚の煮つけや野菜の煮物など、しっかりと調理されて消化しやすい料理
  • 野菜たっぷりのスープ類

身体を冷やしたり、胃腸に負担となるものは避け、消化に良い暖かい食べ物を食べれば、体力が付き、クーラー病に負けない身体になるでしょう。

クーラー病にならないように

猛暑の夏は熱中症になったり、夏バテになったりと、何かと体調を崩しやすい季節です。

熱中症で救急車で運ばれる人がよくニュースになりますね。所ジョージさんも熱中症で倒れて救急車で運ばれたことがありました。

中には熱中症で倒れてそのまま亡くなってしまう人もいます。

そんな熱中症を防ぐには、クーラーを使ってちゃんと室内の空気と体温を下げることが大切。(室内でもクーラーを使わないと熱中症の危険が高まります)

 

問題はクーラーの設定温度を下げ過ぎること。

 

寒さを感じるくらい設定温度を下げるなんて電力の無駄ですし、体調もおかしくなります。

職場や外出先ではクーラーの設定温度を変えるのは難しいかもしれませんが、せめて自分の家では適切にクーラーを使いましょう。

そうすれば猛暑でも食欲不振になることなく、体重の減少も防げるのではないでしょうか。

オススメ記事:[保存版]実践的な体重を増やす7つの方法

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.