皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る基礎知識

小食で胃が小さい人が、胃を大きくしてたくさん食べる方法

更新日:

小食で何を食べてもすぐにお腹がいっぱいになってしまう…そんな方を「胃が小さい」なんて表現したりします。

でも実際のところ、胃の大きさに個人差はあるのでしょうか?

たくさん食べれる人は胃が大きくて、すぐにお腹がいっぱいになってしまう人は胃が小さい、それが本当だとしたら、たくさん食べるために胃を大きくする方法はあるのでしょうか?

胃と食欲の関係について説明します。

スポンサーリンク

胃が小さい人は小食ってホント?

「最近、あんまり食べてないから胃が小さくなって、すぐにお腹がいっぱいになっちゃうよ」

なんて、普通に使いますよね。

では、毎日たくさん食べたら胃が大きくなったり、あまり食べなかったら胃が小さくなることはあるのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、胃の大きさが変わることはありません。

 

大食いタレントのギャル曽根さんは胃下垂で、胃が大きいからたくさん食べれられる、なんて噂を聞いたことがあります。

胃下垂は筋肉が少ないために、胃を支えることができずに下に垂れ下がる状態を指します。胃の大きさ自体に変化があるわけではありません。

ギャル曽根さんの場合は、元々消化力が強いか、胃が大きいことが、大食いできる理由なのでしょう。

 

個人の胃の大きさは変わることはないのに、たくさん食べれるようになったり、小食になったり、食欲や食事を受け入れられる量は変化します。

その理由は”胃の機能”にあるようです。

胃を大きくしてたくさん食べれるようになるにはどうしたらいいのか?

日本人の平均的な胃の大きさは、成人男子で平均1407.5ミリリットル、成人女性で平均1275ミリリットルといわれています。

もし平均的な胃を持っているとしたら、1リットルの牛乳を一気飲みしても平気だし、ごはん一膳(200ml)を6杯くらいおかわりしても大丈夫ということになります。

確かに胃の大きさは、男女差より個人差の方が大きいです。ですが、さすがに胃の大きさが平均より半分しかない、なんてことはありえないでしょう。

つまり元々誰でも、ある程度はたくさん食べれるくらいの胃を持っているということになります。

 

では、なぜ胃が大きいとか、小さいとか言われるのでしょうか?

それは胃が満腹感を感じるレベルがみんな違うからです。

 

同じ胃の大きさを持っていても、胃の容量の8割まで食べると満腹感を感じる人もいれば、胃の容量の半分まで食べて満腹感を感じる人もいます。

「胃が大きくてたくさん食べられる」というのは、「胃にたくさん詰め込んでも満腹感を感じづらい胃」と表現した方が良いでしょう。

「胃が小さくて少ししか食べられない胃」というのは、「胃に食べ物が入ってくるとすぐに満腹感を感じてしまう胃」ということですね。

 

この胃が満腹感を感じるレベルは、胃の機能の活性によって上下します。

毎日たくさん食べている人は、たくさん消化しなければならないので、胃液もたくさん出るようになるし、胃のぜんどう運動も活発になります。それと同時に胃が同時にたくさんの食べ物を受け入れられるようになり、満腹感のレベルが上がります。

逆に毎日少ししか食べない人は、胃が頑張って消化する必要はありません。そのため、胃の全体的な活動が低下します。その結果、満腹感のレベルも下がり、すぐに満腹感を感じてしまうのです。

 

胃の大きさは変わりません。

ですが、胃が受け入れられる食べ物の量は増やすことができます。

そのためには、毎日少しでも多めに食べることが有効です。そうすれば、胃の活動が活発化して、少しずつ満腹感のレベルが上がっていくでしょう。

もちろん、お酒を飲みすぎたり暴飲暴食を繰り返せば、胃の活動は逆に低下してしまうので注意が必要ですが。

少しだけ食事量を増やすコツ

「デザートは別腹」という言葉があります。

どれだけ満腹感を感じていても、なぜかデザートだったら食べられちゃうんですよね。

先ほど説明したように、胃はある程度の量の食べ物を受け入れることができます。だから満腹感を感じていたとしても、さらにデザートを食べる余地はあるのです。

健康的に太る最高のデザートはフルーツ!果物が持つ3つの特徴

でも、なぜ満腹感を感じているのに追加で食べれるのでしょうか?

それは、デザートを見ることで胃のぜんどう運動が活発化して、消化が進むから。そして実際に、胃の中にデザート分の空き容量ができて満腹感が減少します。

 

つまり、毎日少しだけ食事量を増やすコツは、食事の最後にデザートを食べること。

もし甘いものが苦手であれば、食事の最後に自分の大好物を食べるのも有効でしょう。

自分が好きなものであれば、大きな胃はその食べ物を受け入れるために頑張るんですね。

そうやって毎日の食べる量を少しだけ増やすことができれば、自然に胃が受け入れられる量も増えていきます。

 

バランスの良い食事を心がけ、プラスアルファで少しだけ食事量を増やす。

そうすれば、小食でもたくさん食べれるようになっていくでしょう。

 

*胃が小さくて太れない場合は、”太るサプリメント”を補助的にに利用するのもオススメです。

≫太るサプリメント・ランキングはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る基礎知識

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.