皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

なぜあなたは食べても太らないのか?

食欲抑制ホルモン「レプチン」の作用と小食の体質を改善する方法

投稿日:

肥満や痩せすぎなどの体型は、その人の食生活や生活習慣に強い影響を受けます。

食べる量が少なければ痩せる。運動をしていなければ太る。当然ですね。

ですが、最新の研究では体内で分泌されるホルモンの一種「レプチン」も、私たちの食欲や体型に強い影響を与えていることがわかってきました。

レプチンの役割と、食欲を増進させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

レプチンが太るためのカギ!?

レプチンは脂肪細胞によって分泌され、脳に視床下部に作用し摂食抑制エネルギー消費亢進作用をもたらします。つまり脳に「お腹いっぱいだよ~!」というシグナルを送るんですね。

肥満で脂肪細胞がたっぷりの人は、普通の人よりもレプチンが多量に分泌されています。たくさんのレプチンのおかげで脳がレプチンに慣れてしまう。つまり「お腹いっぱいだよ~」というシグナルを感じにくくなってしまうのです。これをレプチン抵抗性と呼んでいます。肥満の人がたくさん食べても満腹感を感じにくいのは、レプチン抵抗性が強いからと考えられています。

逆に痩せている人は体脂肪も少なく、レプチンの分泌量がすくない。そのため脳はレプチンに対して肥満の人よりも敏感に反応する可能性があります。

痩せている人が少し食べお腹いっぱいになっちゃうのは、レプチン抵抗性が弱いからかもしれません。

レプチン抵抗性を高めて食欲アップさせる方法

食欲というのは不思議なもので、なにも食べないと食欲がなくなり、食べれば食べるほど食欲は湧いてきます。

体型も同じでしっかりと食べないで痩せている人は食欲がわきづらいし、たくさん食べて太っている人ほど食欲旺盛になっていきます。

痩せている人が太っている人のように食欲旺盛になるには、脂肪細胞を増やしてレプチン抵抗性をアップさせる必要があるようです。そうすればレプチンの食欲減退作用を受けずらく、たくさん食べられるでしょう。

そのためには、炭水化物、たんぱく質、脂質をしっかりと摂ることが大切です。いきなり太ったり食欲をアップすることはできません。まずは体重を1キログラム増やすなどを目標にして、少しずつ皮下脂肪を増やしていく必要があるでしょう。

痩せて脂肪細胞が少ない人は、もうそれだけで太りずらいし、栄養をしっかりと摂って皮下脂肪が増えれば増えるほど、太りやすくなっていくってことですね。

 

また、”インシュリン”もレプチン抵抗性にとって重要な役割を持っているといわれています。

甘いものや穀物などの糖質が含まれた食品を食べると、血糖値が上昇します。インシュリンは高くなった血糖値を正常値に戻すためにすい臓から分泌され、血中の糖質(グルコース)を脂肪細胞に移動させることで血糖値を下げます。

そのためインシュリンは脂肪細胞を大きくする効果がある、つまり太る効果もあります。

このインシュリンが脳のレプチン受容体の機能を調節しているともいわれていて、高インシュリン状態が続くとレプチンの「お腹が空いたよ~」というシグナルを感じづらくなるといわれています。

 

血糖値を即座に上げ、インシュリンの分泌を増やすに炭水化物(糖質)を食べるのが一番。

そこで炭水化物(糖質)を含んだ食事を、回数を分けて食べるのがオススメです。

1日3食食べるのが普通で、中には朝食を食べずに昼と夜だけ食べるなんて人もいるかもしれません。それでは1回の食事量に限度がありますし、1日のトータルとして摂取カロリーが少なくなります。

それよりも、1日5回、6回と、1度の食事量を減らして回数を多くする方が、胃腸に負担をかけずに効率的に体重を増やすことに繋がります。

小食だったとしてもトータルのカロリー摂取が増えるし、インシュリンの分泌も増えるので、脂肪細胞にエネルギーを蓄えやすくなります。

それに1日の食事回数を増やせば、インシュリンが分泌されている時間も長くなるので、結果的にレプチンの働きを抑える効果もあるかもしれません。

まとめ

  • レプチンは食欲を抑え、カロリー消費を高める効果がある
  • レプチンは脂肪細胞から分泌される
  • 脂肪細胞が多すぎるとレプチン抵抗性が高まり食欲を抑えられなくなる
  • 痩せていて小食の人はレプチンの感受性が高い可能性がある
  • インシュリンがレプチンの働きを抑えるといわれている

食欲を増進させるためにレプチンの働きを抑えるには、脂肪細胞を増やすのが一番効果的。

でも、食欲がなくて困っているのに、その解決法が脂肪細胞を増やすなんて無茶苦茶だッ!!!

…と思うかもしれませんが、その解決策として1日の食事回数を増やすことがオススメです。

無理のない食事量で何度も食べるのが大切。

午後にはおやつを絶対に食べる。少量でも寝る前に夜食を食べる。そんな風にいろいろ工夫して、食べる機会を増やしましょう。

そうすれば、少しずつですが、食欲がアップして小食の体質も改善されるのではないでしょうか。

 

関連記事:1日5食が良い!?小食で太りたい人にオススメのお手軽な食事法を紹介。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-なぜあなたは食べても太らないのか?

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.