皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

なぜあなたは食べても太らないのか?

たくさん食べても太ることができない5つの理由

更新日:

食べる量が少ないから痩せている。

それはわかります。

でも、ちゃんと食べているのに体重が増えない場合もあります。

そこで考えられる5つの理由を紹介します。

スポンサーリンク

たくさん食べても太ることができない5つの理由

胃下垂が原因

胃下垂が原因で太ることができないケースがあります。

胃は普通であれば、みぞおちの辺りにあります。ですが、胃下垂の胃は垂れ下がり、お腹ぐらいまで下がってしまうこともあるようです。その原因は体質的なものから、筋肉の衰えが原因のこともあります。

胃下垂になってしまうと消化吸収が悪くなり、たくさん食べても太ることができません。

胃腸の調子が悪い

胃下垂と重複する部分がありますが、慢性的に胃腸の調子が悪いと食べても太ることができません。

  • 常に顔色が悪く、疲れやすい
  • 基本的にお腹があんまり空かない。
  • 小食でたくさん食べれない。
  • 便秘や下痢を繰り返す。

こんな症状が続いている場合は、胃腸が悪いかも。

しっかりと体重を増やすには、たくさん食べるよりも、まず胃腸の調子を整えることが先決です。

日常生活でカロリーを消費しすぎている。

学生の時に運動部に所属していると、どれだけたくさん食べても太りません。

同様に、体育会系の身体を使って汗をいっぱいかく仕事をしていても太らないでしょう。

食べて摂取したカロリーがたとえ多くても、日常生活で消費するカロリーが多ければ体重が増えるわけありませんね。

偏食が過ぎる

偏食、つまり好き嫌いが多すぎると、うまく体重を増やすことができません。

肉類が一切食べれないとか、野菜がダメとか…ある程度の食べ物の好き嫌いは誰でもあるものですが、偏食が激しすぎると栄養バランスが乱れてしまい、健康的に太ることができません。

もし偏食が過ぎる場合は、料理を工夫するなどして、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

なんらかの疾患がある

これが一番深刻ですね。

どんなに頑張っても体重が増えない場合、食生活やライフスタイルが原因ではなく、なんらかの病気になっている可能性も考えられます。

たとえば風邪で高熱が出ているときは、それだけで凄くカロリーを消費してしまい、まったく太ることができません。病気であると、それだけで病気を治療するために体内でカロリーが消費されるのです。

消化吸収が悪くなる胃腸の病気を患っていると、どれだけ食べてもうまく栄養が吸収できずに痩せてしまいます。がんや糖尿病、摂食障害やうつ病などの精神疾患を患っていても、うまく太ることができません。

そのような疾患が原因で体重が増えない場合は、たくさん食べるよりも、まず原因となっている病気の治療に専念するほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-なぜあなたは食べても太らないのか?

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.