皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る食事

1日5食でしっかり太る!小食で痩せすぎの方にオススメの食事法

更新日:

お相撲さんは体重を増やすために、1日2食を心がけています。

1日の総摂取カロリーを5回に分けて食べる「1日5食ダイエット」というものもあります。

だとすれば、1日の食事回数が少ないと太りやすくなり、食事回数が多いと痩せるってことになりますね。これはある意味正しいのですが、実は、すべての人に当てはまるというわけではありません。

 

小食で1度にあまり多く食事できない人は、1日の食事回数を増やした方がより効率的に太れる場合があります。

その理由と、太るためのオススメの食事方法を紹介します。

スポンサーリンク

1日の食事回数が多いと太る?痩せる??

まずは、食事回数が少ないと太る理由を、相撲取りの1日から簡単に説明します。

相撲取りは起きてすぐに激しい稽古を行います。

朝食は食べません。

 

そうして激しい運動をしてお腹がペコペコの状態で、始めてお昼に大量のちゃんこ鍋を食べるのです。

午後は昼寝をしたり自由に過ごし、夜にもしっかりとちゃんこを食べます。

 

この食生活が太る理由は2つ。

ひとつめはインシュリンです。

お腹が減っている状態でいきなり大量に食べると、急激に血糖値が上昇し、すい臓からインシュリンが分泌されます。

インシュリンは血液中の糖分を脂肪細胞に移動させることで、血糖値を正常値に戻します。

お腹が空いた状態でのドカ食いは、インシュリンがたくさん分泌されて脂肪を蓄えやすくなるのです。

 

もうひとつの理由は、朝の稽古です。

朝に起きた後は、身体のエネルギーが空っぽの状態。

そこで激しい稽古をすることで、身体はさらに栄養を欲する状態になります。

そんなある種の飢餓状態で、たらふくお昼ご飯を食べると…消化吸収が活発化してより一層食べ物が血肉になるでしょう。

 

では、1日5食ダイエットはなぜ痩せるかというと、この相撲取りの太るシステムのまったく逆の理由です。

1回に少しだけ食べる。

これを1日5回。

そうすると、1度の食事で血糖値があまり上がりません。

インシュリンの分泌も少なくなるので、血液中の糖分が脂肪として蓄えられなくなるのです。

そのため、1日に5食にするとダイエットになるんですね。

 

でも…1日5食にすると太る、という説もあります。

 

次はまったく逆の、1日5食にすると太る理由を紹介します。

1日5食にすると太る理由とは?

アメリカの約2万人のデータを解析した結果、1日の総摂取カロリーが同じ場合、1日5回以上食べる人の方が太っていて、1日の食事回数が2回以下の人の方が痩せているということがわかりました。

先ほどとはまったく真逆の結果ですね。

その理由として専門家は「人間には一度の食事で吸収できるカロリーに上限があり、それを超える分は吸収されずにそのまま排出されてしまうから」と考えているようです。

肥満大国アメリカのデータなので、食事の回数が多い人は”食べるクセ”がついていて、無意識に食べ過ぎてしまっている可能性も考えられますね。

 

相撲取りが1日2回の食事で太れるのは、食事前の激しい稽古と大きな体格によって、1度の食事で吸収できるカロリーがたくさんだからだと考えられます。

ですが、普通の体型の方がそんな食生活を続けたら、消化器官に負担をかけ過ぎてしまうでしょう。

とくに小食で痩せている方は、もともと胃腸の機能が高くありません。

そんな体質なのに無理して1日2回の食事を続けたら、体調を崩してしまう原因になるでしょう。

 

小食で1度にたくさん食べられないのなら、食事の回数を分けて、1日のトータルでカロリー摂取量を増やすのが現実的ですし無理がありません。

もし1日に2000kcal摂取するのなら、1000kcalの食事を2回するよりも、400kcalの食事を5回する方が、効率的にエネルギーを吸収できて、しっかりと太れると考えられます。

1日5食の食事法のメリット

1回の食事での消化吸収には限度がありますが、1日5食の食事にして1回の食事量を減らすことで栄養吸収効率が良くなります。

それ以外にも、「空腹の時間が少なくなる」というメリットがあります。

1日2食や3食だと、どうしても間の時間帯にお腹が空いてしまいます。

空腹な状態が続くと、脂肪や筋肉が分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

しっかりと太りたいのなら空腹な状態はなるべく短い方がいいですね。

1日5食であれば、食事と食事の間が短いので、1日で空腹を感じることはほぼないでしょう。

 

また、「小食な方でも無理なくたくさん食べられる」というメリットもあります。

年代や体格によっても差がありますが、女性が1日に必要なカロリーは約1800kcalで、男性は約2,000kcalといわれています。

1日2000キロカロリーを目指すとして、それを3食に分けて食べると、小食の方は全部食べられないかもしれません。

ですが朝400kcal、昼400kcal、3時のおやつに400kcal、夕食400kcal、夜食400kcalとこまかく分ければ、たとえ小食でも無理なく食べられます。

一度の食事でのエネルギー吸収効率もあがるので、一石二鳥ですね。

1日5食といっても何を食べればいいの?

では次に、1日5食の食生活を長く続ける”コツ”を紹介します。

1日5食もしっかり食事を用意していたら、それこそいくら時間があっても足りません。

仕事や学校で忙しい方も多いでしょう。

ですので、簡単に食べることができる料理を作るのが、長続きのポイントです。

 

スープをたくさん作っておくのもいいですし、冷蔵庫に果物を用意しておくのもいいでしょう。(オススメは消化吸収のよいバナナ!)

ヨーグルトにハチミツをかけて食べるだけでもいいです。

 

ポイントは食事を抜かず少ない量でも5食を食べるってこと。

 

時間がないのなら牛乳を飲むだけでもいいでしょう。牛乳はたんぱく質が豊富ですし。

朝にコーヒーだけ、なんてのはお勧めできませんが。

 

そしてもうひとつ、1日5食の生活を続けるには、お手軽に食べられる健康補助食品を使うのがオススメです。

 

例えばどこでも売っている「カロリーメイト」は、1箱で400kcalもあります。

ドラッグストアには栄養バランスのとれた健康補助食品がたくさん置いてあるので、自分にあったものを探してみるのもいいでしょう。

もちろんおむすびやサンドイッチなど、手軽に食べられるものを用意するのもいいですね。

 

注意点はひとつ。

それは甘いモノやお菓子、ジャンクフードを食べ過ぎないってこと。

  • ハンバーガー
  • 肉まん・あんまん
  • ポテトチップス
  • クッキーやケーキ

こんな食事ですね。

ジャンクフードやファストフードは、カロリーは高いけど、栄養かは低い、そんな食事です。

たまに食べるくらいならいいでしょうが、ジャンクフードばかり食べて太ると、崩れた体型のままでカッコよく太れないでしょう。

 

もしどうしてもお菓子が食べたいのなら、チョコレートを選びましょう。

できればハイカカオのチョコレート。

 

チョコレートにはカカオポリフェノールがたくさん含まれていて、実は健康的な食べ物だからです。

精神安定作用があって、ストレスを緩和することもできます。

1日5食の食生活の1食にチョコレートを取り入れるのもいいですね。

  • 少しでもいいので5食しっかりとる
  • 手間のかからない料理を用意する
  • 栄養補助食品を上手に使う
  • おにぎりやサンドイッチなどもオススメ
  • ジャンクフードやファストフードは食べ過ぎない
  • チョコレートならOK!!

1日5食でしっかり太る!まとめ

1日5食にすればダイエットになる。

1日5食にすれば太れる。

どちらも正しいと思います。

問題は本人の体質と、食べる量です。

 

もし太るために相撲取りと同じような食生活を実践したら?

小食であったり、胃腸の働きが悪い体質の人なら、余計に体調を崩して痩せてしまうかもしれません。

 

小食で1度にあまり食べられないのなら、1日5食食べた方がしっかりと栄養を吸収できます。

胃腸の働きが弱く、胃もたれしやすい、下痢をしやすい体質だった場合、1度にたくさん食べても消化しきれない可能性があります。

そんな体質を持っていたら、1日5食にした方がしっかりと太れるでしょう。

 

体重を増やすのに一番大切なのは、1日のトータルで消費カロリーよりも多くのカロリーを摂取することです。

もし小食で胃腸の働きが悪い体質であれば、健康の面から見ても、エネルギー吸収効率の面から見ても、1日5食にした方がしっかりと太れるのではないでしょうか。

 

*間食には太る専用サプリメント「プッチェ」もオススメです。小分けにパッケージされていて、水なしで食べることができます。外出先でも手軽に高カロリーを摂取できるでしょう。

プッチェ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る食事

Copyright© 太る方法.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.