皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

なぜあなたは食べても太らないのか?

食べても太れないのは消化酵素の元気がないから?消化酵素を活性化させる2つの方法。

投稿日:

たくさん食べているのに、ちゃんと太ることができないと悩んでいる方も多いと思います。

その原因は体内の消化酵素にあるかもしれません。

消化酵素の活性が低下していると、効率的に栄養を吸収できずに、食べ物がそのまま排出されてしまうのです。

でも、そもそも消化酵素とはどんな役割をもっているのでしょうか?胃液などと同じように、食べ物を溶かしたり、細かくする役割を持っている??

今回は、消化酵素の役割と、しっかりと栄養を吸収するために消化酵素の働きを活発化させる方法を紹介します。

スポンサーリンク

そもそも、消化酵素とは???

消化酵素とはその名の通り、消化を助けてくれる”酵素”の事です。

酵素とは、体内で作られるタンパク質を原料とした物質。たくさんの種類があって、食べ物の消化はもちろん、栄養の吸収、代謝、排泄、あらゆる生命活動に必要不可欠な物質です。

たくさんの酵素の中でも、消化にかかわる酵素の事を「消化酵素」と呼びます。

消化酵素には「炭水化物分解酵素」「タンパク質分解酵素」「脂肪分解酵素」の3種類が存在していて、それぞれの栄養素の吸収を助ける働きを持っています。

胃液にもタンパク質分解酵素のペプシンや、脂肪分解酵素のリパーゼが含まれています。胃液もまた、消化酵素のひとつと言っていいでしょう。

 

どんなに栄養バランスの取れた食事をしていても、その食べ物を消化吸収するのは酵素の働きがあってこそ。酵素の働きが悪いと、消化不良になったり、栄養吸収が悪くなったり、いろんな弊害が現れるんですね。

酵素の働きが低下する原因

栄養の消化吸収に大切な役割を持っている酵素。その働きが低下していると「食べても太れない体質」になってしまうかもしれません。

酵素は外からのストレスで、その活性を低下させてしまいます。

酵素の働きを弱めてしまう原因を紹介します。

  • 心理的ストレス
  • タバコやお酒の飲みすぎ
  • 運動不足
  • 偏った栄養やジャンクフードの食べ過ぎ
  • 睡眠不足

もし思い当たるのなら、健康的に太るためには、たくさん食べるよりもまず生活習慣を改善する方が先かもしれませんね。

弱った酵素を元気にする方法!!

体内の消化酵素を活性化させるには、生活習慣を改善も大事ですが、酵素を元気にする食事をするのも効果的です。

一番の基本は、肉や魚、大豆製品などのタンパク質を豊富に含んだ商品を積極的に食べること

そもそも消化酵素はタンパク質から出来ているので、その原料が不足している状態ではうまく働くことは出来ません。

また、食べ物に含まれる「食物酵素」を摂取するのも有効と言われています。

生野菜やフルーツ、発酵食品には、たくさんの食物酵素が含まれています。しかしながら、食べた食物酵素がそのまま酵素として働くわけではありません。酵素はタンパク質の一種なので、結局のところ胃腸で消化されてしまうからです。

それでも、食物酵素を食べることは無駄ではありません。

食物酵素は健康の維持のためにとても大切。野菜やフルーツ、そして納豆などの発酵食品が健康に良いというのも、食物酵素がふんだんに含まれているからなのでしょう。

肉・野菜・大豆製品のタンパク質。

生野菜・フルーツ・発酵食品の食物酵素。

これらを積極的に食べることは、体内の消化酵素を活性化させるのに役立ちます。

 

消化酵素を活性化させるための方法をまとめます。

①生活習慣を改善する。

②タンパク質と食物酵素を積極的に食べる。

これらを日々心掛けていれば、食物酵素が活性化します。そうすれば、食べ物の栄養をしっかりと吸収することができるでしょう。

「食べても食べても太れない」そんな悩みの改善に役立つのではないしょうか。。

 

酵素が含まれている太るサプリメント

太るサプリメント「ファティーボ」には、5種類の酵素と3種類の麹菌(白麹・黒麹・黄麹)が作る生酵素が含まれていて、しっかりと太れる体質を目指すことができますよ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-なぜあなたは食べても太らないのか?

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.