皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

痩せていることの弊害

痩せていると乾燥肌やシミ・シワの原因になる3つの理由

投稿日:

しっかりと化粧水を使ったり、毎日パックをしたり、保湿にも気を付けているのに、肌はガサガサ。

美肌サプリメントを飲んでも、保湿化粧水を使ってもまったく良くならない…。

その原因は、痩せ体型そのものにあるのかもしれません。

痩せた体型だと、しっかりと毎日お肌のケアをしていても、乾燥してガサガサであったり、シワやシミが増えてしまったりと、肌トラブルが発生しやすくなります。

その理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

痩せ体型で肌トラブルが多発する原因とは?

太っている人や普通体型の人の肌はしっとりと潤っています。太っている人なんて、カサカサするどころかベタベタしている人も多いですね。

それに対して痩せている人の肌は青白くて、乾燥でカサカサ、シミやシワも目立つことが多いです。

この違いはどこから来るのでしょうか?

①栄養不足になっている

痩せている人や、急なダイエットをしている人は、基本的な栄養が不足している可能性があります。

肌をキレイにする効果のあるビタミンやミネラル、肌を作り出すのに大切なたんぱく質や脂質が不足していると、肌が荒れてしまう原因になるでしょう。

脂質の摂取量が少ないと、皮脂の分泌も少なくなります。皮脂は皮脂腺から分泌される油分で、肌を乾燥から守ったり、紫外線などの外部からの刺激を防ぐバリアの様な役割も担っています。

脂質不足で皮脂の分泌も少ないと、皮脂の分泌が少なくなります。その結果、紫外線の悪影響を受けてシミやシワができたり、肌の水分が蒸発してしまい乾燥肌になりやすくなるでしょう。

栄養不足で肌荒れしていると思ったのなら、しっかりとバランスの良い食事を心がけるのが大切ですね。

②新陳代謝の機能が低下している

普通体型の人が汗をかくような気温でも、痩せている人は汗ひとつかかない…。

その理由はふたつ。

痩せている人は脂肪が少なく暑さを感じにくいから、そして痩せている人は新陳代謝機能が低下しているからです。

ダメージを受けた肌は毎日新しく生まれ変わっていきます。これを肌のターンオーバーと呼びます。

新陳代謝機能が低下していると、肌のターンオーバーが上手く機能せず、乾燥肌やシミ・シワの原因になります。

新陳代謝を普通の状態に持っていくためには、痩せすぎ体型を改善する必要があるでしょう。

③女性ホルモンが不足している

女性ホルモンは髪を美しく保つ効果や、お肌をキレイにする効果があります。

男性よりも女性の方が美しく長い髪や、きめ細かい肌を持っているのは、女性ホルモンが男性に比べて圧倒的に多いからなんですね。

ですが痩せていて体脂肪が少ない体型だと、女性ホルモンが不足している可能性があります。(脂肪細胞は女性ホルモンを作り出す役割も持っています)

そのため痩せ型の人は髪がパサパサになったり、乾燥肌になったり、シミ・シワが増えたりします。女性の場合は、女性ホルモンが不足している影響で生理関係のトラブルが多くなったり、更年期障害リスクが上昇します。

脂肪と肌なんて関係ないと思われがちですが、肌トラブルを防ぐためには適切な量の脂肪を蓄える必要があると思います。

痩せ体型のための肌トラブル対策

痩せ体型で乾燥肌やシミ・シワに悩んでいる場合、一般的なお肌ケア商品では、その効果がイマイチな場合があります。

それは肌荒れの原因が、根本的な栄養不足や体質にあるからです。

バランスの良い食生活を心がけ、しっかりと栄養を摂取する。そうして脂肪を少しでも増やすことが、肌荒れの改善に繋がるのではないでしょうか。

関連記事:太るサプリメント・ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-痩せていることの弊害

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.