皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

痩せていることの弊害

肌痩せとは?痩せていると乾燥肌やシミ・シワの原因になる3つの理由

更新日:

肌痩せ

肌痩せ”とは肌の栄養不足・水分不足によって”みずみずしいハリ”がなくなり、乾燥肌やシミ・シワなどが目立つ状態になってしまうこと。

栄養のない作物の育たない土壌の事を”痩せた土地”なんて表現しますが、それと同じ状態の肌のことを指します。

 

肌が痩せてしまう原因は食生活や加齢、紫外線など様々ですが、もっとも多い原因のひとつが”痩せすぎ”です。

適度な脂肪の付いていないガリガリ体型になると、肌まで痩せてしまうのです。

 

しっかりと化粧水を使ったり、毎日パックをしたり、保湿にも気を付けているのに、肌はガサガサ。

美肌サプリメントを飲んでも、保湿化粧水を使ってもまったく良くならない…。

 

痩せ体型でありながらそういった症状に思い当たるのなら、その肌痩せは痩せすぎ体型そのものに原因があるのかもしれません。

普通体型や太った体型の方の肌を見ると、血色がよくてプリプリな質感で、ハリもあります。

ですが、痩せすぎ体型の方の肌を見ると、血色が悪くて、なんだか不健康な肌質ですよね。

 

痩せた体型だと、しっかりと毎日お肌のケアをしていても、乾燥してガサガサであったり、シワやシミが増えてしまったりと、肌トラブルが発生しやすくなります

その理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

痩せ体型で”肌が痩せてしまう”3つの原因

太っている人や普通体型の人の肌はしっとりと潤っています。

太っている人なんて、カサカサするどころかベタベタしている人も多いですね。

 

それに対して痩せている人の肌は青白くて、乾燥でカサカサ、シミやシワも目立つことが多いです。

この違いはどこから来るのでしょうか?

①栄養不足になっている

痩せている人や、急なダイエットをしている人は、基本的な栄養が不足している可能性があります。

肌をキレイにする効果のあるビタミンやミネラル、肌を作り出すのに大切なたんぱく質や脂質が不足していると、肌痩せの原因になるでしょう。

 

それに脂質の摂取量が少ないと、皮脂の分泌も少なくなります。

皮脂は皮脂腺から分泌される油分で、肌を乾燥から守ったり、紫外線などの外部からの刺激を防ぐバリアの様な役割も担っています。

脂質不足で皮脂の分泌も少ないと、とうぜん、皮脂の分泌が少なくなります。

その結果、紫外線の悪影響を受けてシミやシワができたり、肌の水分が蒸発してしまい乾燥肌になりやすくなるでしょう。

 

栄養不足で肌荒れしていると思ったのなら、しっかりとバランスの良い食事を心がけるのが大切ですね。

②新陳代謝の機能が低下している

普通体型の人が汗をかくような気温でも、痩せている人は汗ひとつかかない…。

その理由はふたつ。

 

痩せている人は脂肪が少なく暑さを感じにくいから、そして痩せている人は新陳代謝機能が低下しているからです。

 

ダメージを受けた肌は毎日新しく生まれ変わっていきます。

これを肌のターンオーバーと呼びます。

 

新陳代謝機能が低下していると、肌のターンオーバーが上手く機能せず、乾燥肌やシミ・シワの原因になります。

新陳代謝を普通の状態に持っていくためには、痩せすぎ体型を改善する必要があります。

そのためにもちゃんと食べること、そして適度に運動することが大切。

運動すると体内の細胞が活性化するので、肌の血色もよくなり、新陳代謝も活性化するでしょう。

③女性ホルモンが不足している

女性ホルモンは髪を美しく保つ効果や、お肌をキレイにする効果があります。

男性よりも女性の方が美しく長い髪や、きめ細かい肌を持っているのは、女性ホルモンが男性に比べて圧倒的に多いからなんですね。

 

ですが痩せていて体脂肪が少ない体型だと、女性ホルモンが不足している可能性があります。

というのも、脂肪細胞は女性ホルモンを作り出す役割も持っているから。

 

痩せ体型で女性ホルモンの分泌が少なくなっているのも、髪がパサパサになったり、乾燥肌になったり、シミ・シワが増えたりする一因です。

女性ホルモンが不足する悪影響は肌痩せ以外にも、生理関係のトラブルが多くなったり、更年期障害リスクが上昇したりします。

 

脂肪細胞と肌なんて関係ないと思われがちですが、肌トラブルを防ぐためには適切な量の脂肪を蓄える必要があるでしょう。

肌痩せ対策のオススメの栄養素とは?

肌痩せを防ぐ

「栄養不足」「新陳代謝の低下」「女性ホルモンの分泌低下」と、3つの肌痩せの原因を紹介します。

これらを解決するには、結局のところ”バランスのとれた食事”がいちばん。

 

抗酸化作用があって肌によいビタミンCや、肌のターンオーバーに大切なビタミンB群。

肌のコラーゲン合成に必要な亜鉛や、肌に栄養を届ける血液に大切な鉄分。

肌そのものの原料となるたんぱく質はもちろん、脂質や炭水化物も大切。

 

つまり、肌痩せを予防するにはすべての栄養素が大切ってことなのですが…

あえてたったひとつ、もっとも肌痩せにアプローチできる栄養素を挙げるとすれば、それはコラーゲンといえるでしょう。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種で、肌によいというイメージがあります。

ですが一方で、「コラーゲンを食べても胃腸で消化されて意味がない」という意見もあります。

 

どちらが正しいのでしょうか?

 

実は最新の研究で、経口摂取されたコラーゲン・ペプチドの一部は、消化されずに血液に入り、肌まで直接届くことがわかってきました。

これは大手化粧品会社の研究チームでも、複数の論文が発表されています。

血中のコラーゲン・ペプチドは、傷の治りを早くしたり、肌の保湿効果を高める作用があるといわれています。

 

では、コラーゲンの含んだ食べ物をたくさん食べればいいのかというと、そうでもないのがポイント。

コラーゲンは分子が大きいたんぱく質の一種で、専門的に言えば”三重螺旋構造”をしています。

ただ食品に含まれるコラーゲンを食べても、血液まで入り込まないことがほどんど。

 

そこで化粧品メーカーはしっかりと肌にアプローチできるように、コラーゲンを細かく、小さくして、サプリメントとして発売しています。

こういったコラーゲン・サプリメントを利用すれば、栄養不足で肌痩せ状態だったとしても、プリプリの肌を取り戻せるかもしれません。

 

コラーゲン・サプリメントはたくさん発売されていますが、特にオススメなのが最大手のファンケルが開発した「ディープコラーゲン」というサプリ。

ディープコラーゲンには吸収効率の高いHTCコラーゲンがたっぷり配合されています。

さらにその安さも魅力のひとつ。

公式サイトではディープチャージコラーゲンお試し4週間分をたったの780円(送料無料)で購入できます。定期購入の手続きもする必要はありません。

 

4週間飲んでみて、肌の変化を実感できなければ、それで終わり。追加購入の必要はありません。

手軽に試せるので、肌痩せに悩んでいるのなら試してみる価値はあるでしょう。

ファンケル【ディープチャージコラーゲン】

痩せ体型のための肌トラブル対策まとめ

痩せ体型で乾燥肌やシミ・シワに悩んでいる場合、一般的なお肌ケア商品では、その効果がイマイチな場合があります。

それは肌荒れの原因が、根本的な栄養不足や運動不足にあるからです。

 

ただ高い美肌化粧品を使っても、それは表面上のケアだけしかすることはできないでしょう。

大切なのは身体の内側から健康的になること。

 

バランスの良い食生活を心がけ、しっかりと栄養を摂取する。

そうして脂肪を少しでも増やすことが、肌荒れの改善に繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-痩せていることの弊害

Copyright© 太る方法.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.