皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

筋肉をつけて体重を増やす方法

亀田兄弟が使っている筋肉サプリ「HMB極ボディ」の全成分とその効果

更新日:

「HMB」とは、必須アミノ酸のロイシンが体内で代謝されることで生成される成分です。

HMBには筋肉の合成促進効果と筋肉の分解抑制効果ががあることは、アスリートやボティビルダーの間では常識。

日本でも注目され始めてたくさんのHMBサプリメントが発売されていますが、そのなかでもボクサーの亀田兄弟が使っていて話題の筋肉サプリ「HMB極ボディ」です。

HMB極ボディには、他のHMBサプリメントとは違う特徴があり、効果的に筋肉を増やすサポートをしてくれます。その特徴や、配合された成分の内容と効果を紹介したいと思います。

 

まずは、HMB極ボディを使っている亀田興毅さんと大毅さんのコメントを紹介します。

 

 

■亀田興毅さん

「引退して約2年3ヶ月トレーニングをしていなかったが、最近復帰に向けてトレーニングを開始していて、実際にこのサプリを飲んでいます。

実感としては、非常に短い期間で大きな効果が出ていると思いますし、周りからも体つきが変わったと言われることが多いです。

■亀田大毅さん

「HMBが非常に多く含まれていて、粒が小さいから、今までサプリメントを飲みにくいと感じていた人にも非常に良いと思います。自分が現役の時に出会いたかったです。これからトレーニングを始める人が羨ましいですね。

これからトレーニングを始める人は、サプリを飲むことで更に体も変わると思います。体が変わると、トレーニングを好きになり、自分のことが好きになると思います。

この『HMB極ボディサプリ』が後押ししてくれるのでみんなで頑張りましょう」

参照元:亀田興毅さんが「現役復帰宣言」の真相を語る! マッスルサプリメント「HMB極ボディサプリ」新商品発表及び イメージキャラクター就任記者会見開催レポート(PRTIMES)

亀田興毅さんも変化を実感している「HMB極ボディ」の、他のサプリメントにはない特徴とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

HMB極ボディの成分と効果

筋肉をつけるために大事なのはやっぱりプロテイン(たんぱく質)ですが、最新の研究ではHMBという成分もまた、筋肉の合成に重要な役割を担っていることがわかっています。

そのため、海外のプロスポーツ選手を中心に、HMBサプリメントが流行しています。

最近では日本国内でも様々なHMBサプリメントが発売されていますが、その中でも最もHMBの配合量が多いのがHMB極ボディです。

他の商品が1日当たり1,500mgとが2,000mgであるのに対して、HMB極ボディは2,100mgもHMBを配合しています。

これは現在発売されているHMBサプリメントの中で最も多い配合量です。

HMBの筋肉増加効果については下記の記事で詳しく説明しているので割愛するとして、その他の成分について紹介します。

HMBに筋肉増強効果がある理由と1日の摂取量の目安

HMB極ボディにはアミノ酸がたくさん含まれているけど、注目すべきはそこじゃない

HMB極ボディの全成分

  • HMBカルシウム
  • 食物繊維
  • 食用生成加工油脂
  • 大豆ペプチド
  • カキガラ末
  • クレアチンモノハイドレード
  • キバナオウギ末
  • 田七人参末
  • パン酵母
  • L-カルニチンフマル塩酸
  • コエンザイムQ10
  • コロハ種子エキス
  • シナモン抽出物
  • L-オルニチン塩酸塩
  • L-バリン
  • L-ロイシン
  • L-イソロイシン
  • L-リジン塩酸塩
  • L-メチオニン
  • L-フェニルアラニン
  • L-トレオニン
  • L-トリプトファン
  • L-ヒスチジン
  • L-グルタミン

成分表示を見ればわかる通り、HMB極ボディには多くの必須アミノ酸が含まれていることがわかりますね。

HMB極ボディは必須アミノ酸がすべてバランスよく含まれた「アミノ酸フルスコア」のサプリメントなのです!!

 

…ですが、HMB極ボディに含まれるアミノ酸はあくまでもオマケ程度に捕えておいた方がいいでしょう。

効果的に筋肉を増やすにはHMB+たんぱく質(アミノ酸)+運動が必要になってきます。

HMB極ボディには確かにたくさんのアミノ酸が含まれていますが、その量はごくわずか。

効率的に筋肉量を増やすにはサプリに含まれるアミノ酸量では十分といえず、別途、肉や魚などのたんぱく質豊富な食べ物を摂取したりプロテインを摂取する必要があるります。

 

HMB極ボディに配合された成分の中で最も注目するべきは「キバナオウギ末」と「田七人参末」です。

キバナオウギ末と田七人参末から作られる成分「アストラジン」は、各種アミノ酸やビタミン・ミネラル、そしてHMBの収集効率を向上させる効果があります。

一般的なHMBサプリメントを摂取しても、配合されたHMBのすべてが体内に吸収されるわけではありません。

ですがHMB極ボディはアストラジンを配合することで、HMBの吸収効率を上げ、他の商品よりもはるかに効率的に筋肉量を増やすことを可能にしたのです。

HMBの配合量で選ぶ筋肉サプリメント・ランキング!!

HMB極ボディの他のサプリメントにはない特徴

では、HMB極ボディの特徴をまとめてましょう。

①現時点で最高のHMB含有量

HMB極ボディにはHMBが2,100mg配合されています。この含有量は数あるHMBサプリメントの中でも最高。

HMBサプリメントをたくさん比べてみればわかると思いますが、ほとんどの商品が1,500mgか、多くても2,000mgの含有量。

HMB極ボディが効率的に筋肉を増やすのに適しているのがわかります。

②アミノ酸フルスコア

HMBサプリメントのほとんどはHMBが含まれているだけなのに対して、HMB極ボディは筋肉を作るのに大切なアミノ酸も含まれているのが大きな特徴です。

筋肉をガッツリ増やすのには十分な量は配合されていないものの、不足しがちな必須アミノ酸のすべてが配合されているのは大きな強みです。

③アストラジンが配合されている

HMB極ボディには「キバナオウギ末」と「田七人参末」からなるアストラジンという成分がたっぷり配合されています。

アストラジンはHMBの吸収効率を劇的に向上させる効果があり、HMB極ボディによる筋肉量の増加が期待できます。

アストラジンこそが、他のHMBサプリメントにはないHMB極ボディの特徴といっていいでしょう。

 

HMB極ボディに配合されている「HMB」「必須アミノ酸」「アストラジン」をはじめとする成分が相乗効果を発揮することが、ただHMBが配合されているだけのサプリメントにはない違いなのです。

「プロテインを飲んでるけど、全然筋肉がつかない!!」

という方でも、筋トレ+たんぱく質+HMB極ボディで、普段よりも筋肉量の増加が期待できるでしょう。

 

*HMB極ボディはAmazonや楽天市場では販売しておらず、購入するには公式販売サイトを利用する必要があります。

HMB極ボディの公式販売サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-筋肉をつけて体重を増やす方法

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.