皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

健康的に太る食事

健康的に太るためにオススメの食べ物は?

更新日:

痩せてガリガリの体形だと疲れやすくなるだけでなく、免疫機能が低下して病気になりやすくなります。特に高齢になってから痩せていると、寿命が短くなる傾向があります。

太りすぎが健康に悪いのと同様に、痩せすぎても健康に悪影響を及ぼすのです。

「健康的に太る」とは、デブになるわけではなく、痩せている人が標準体重かそれよりもちょっと脂肪をつけるくらいの体形を目指すことです。

健康的に太るために積極的に食べたい食べ物を紹介します。

スポンサーリンク

健康的に太るためにオススメの食べ物は?

やっぱり炭水化物が大事!

体重を増やすには肉!肉をたくさん食べるのが良い!!と思うかもしれませんが、実は違います。

しっかりと太るには、なんといっても炭水化物が大事なのです。

ごはんやパン、パスタやうどんなどの麺類などですね。

ステーキなどの肉類に含まれるたんぱく質や脂質よりも、炭水化物(糖質)のほうが断然太りやすい。

tansuikabutu

食事をするときは、まずおかずやサラダからではなく、ごはん(炭水化物)から食べ始めます。すると、血糖値が急激に上昇し、その血糖値を下げようとインシュリンが分泌されます。このインシュリンには脂肪を蓄えるという作用があるのです。

炭水化物制限ダイエットがあるように、しっかりと炭水化物を摂取していないと脂肪が燃焼して体重が減ってしまうのです。

 

炭水化物の中でもオススメはやっぱりごはん!!

ごはんは炭水化物以外にも、たんぱく質・ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。普段の食事では、たっくさんのご飯を食べるのが太る近道です。

発酵食品を積極的に摂取しよう!

食べても太らないのは、もしかしたら消化吸収が悪いのかもしれません。

そんな時は、発酵食品に多く含まれる食品酵素を積極的に摂取しましょう。食品酵素は消化吸収を助ける効果があります。

発酵は微生物の力で食品が成分変化すること。発行すると食品自体がおいしくなったり栄養が豊富になります。発酵食品は発酵の過程でアミノ酸・有機酸・ポリアミン・ビタミン類といった栄養素が豊富に作られるのです。これらの栄養素も健康な体を作るのに大きく役立つでしょう。

 

 

特に便秘や下痢気味であったり、胃腸の調子がすぐに悪くなるとしたら、太らない原因は胃腸の調子が悪いせいかもしれません。積極的に発酵食品を食べましょう。

身近な発酵食品を挙げましょう。

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 豆腐
  • 味噌
  • キムチ
  • チーズ

特にオススメは納豆や豆腐といった大豆製品です。大豆製品には女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。

女性ホルモンには「脂肪を付けて女性らしいふっくらとした体形を作る効果」があります。

男性でも大豆イソフラボンによって「脂肪を付ける効果」を得ることができますが、特に女性は大豆イソフラボンを積極的に摂取しましょう。

 

今日のポイント!

①太るにはたんぱく質や脂肪よりも炭水化物が大事。ごはんをたくさん食べよう!

②発酵食品を食べれば消化吸収が良くなり、健康的な体形を作る助けになる。大豆の発酵食品を食べよう!

ということで、健康的な体形を作るためには毎日ごはんと納豆を食べるのがオススメかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク



-健康的に太る食事

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.