皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

効果的に太るサプリメント

プッチェの成分と副作用について

更新日:

太るサプリメント「プッチェ」の成分と、プッチェを使い続けることで発生する副作用について説明します。

ますはプッチェは何で出来ているのか、その成分の内容を紹介します。

こちらは、プッチェの背面に印刷された成分表です。

プッチェの原材料名

中鎖脂肪酸含有油、食用植物油、マルトデキストリン、乳製品乳酸菌飲料(乳清分を含む)、水飴、卵黄油(卵を含む)/PH調整剤、乳化剤、増粘剤(キサンタンガム)、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)

成分表は配合された量が多い順に記載するというルールがあります。

中鎖脂肪酸含有油と食用植物油、つまり脂質がプッチェの主成分となっているのがわかります。

その次に配合量の多いマルトデキストリンは、カロリーの吸収速度が速いブドウ糖の一種です。

この成分表を見れば、プッチェに高カロリーでエネルギー吸収効率の良い成分がギュッと配合されているのがわかりますね。

脂質が主成分のプッチェですが、舌触りは滑らかで食べやすいように加工されています。

太りにくい体質、小食な人でも、手軽に摂取することができるでしょう。

関連記事:太るサプリ「プッチェ」の効果と割安に購入する方法

プッチェ1袋のカロリーは?

栄養成分表示 1包16.5g中

エネルギー:100kcal

たんぱく質:0.03g

脂質:10.51g

炭水化物:3.07g

食塩相当量:0~0.004g

プッチェは1袋で100kcalも摂取することができます。

例えばカロリーが高くて、たくさん食べると太るといわれているご飯は、100gdで約168kcalです。ご飯1膳分(160g)で269kcal摂取できます。

ですがプッチェは1袋わずか16.5gで、吸収効率のよいエネルギーが100kcalも摂取できます。

小食だったとしても食べることができますし、お腹が減っていなくても手軽にカロリー摂取することができるでしょう。

プッチェに副作用はあるの?

プッチェは薬ではなく”食品”に分類されるので、副作用はありません。

プッチェのQ&Aの内容を見ると、こどもが食べても大丈夫ですし、アレルギーや服用中の薬があっても特に問題はないとのこと。

ただし、成分表を見ると「乳製品乳酸菌飲料(乳清分を含む)」や「卵黄油(卵を含む)」という記載があるので、乳製品アレルギー卵アレルギーの場合はかかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。

もしそういったアレルギーがないということであれば、副作用の危険はほとんどないといっていいのではないでしょうか。

まとめ

プッチェには高GIのマルトデキストリンが含まれているのと同時に、高カロリーの脂質がたっぷりと含まれています。

毎日、夜寝る前に一袋を飲むだけで、しっかりと栄養が吸収され、健康的に体重を増やすことができるでしょう。

あくまでも栄養補助食品なので副作用の心配はありませんし、安全に使い続けることができると思いますよ。

プッチェ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-効果的に太るサプリメント

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.