皮下脂肪の付け方や、健康的に太る方法をわかりやすく紹介します。

太る方法.com

女性向けふっくら太る方法

短期間で女性らしく美しく太りたいなら豆乳が一番効果的な3つの理由

更新日:

痩せすぎの体形の女性が、”女性らしくふっくらとした魅力的な体形”を手に入れるためにはどうすればいいでしょうか?

単にたくさん食べて太ればいいというわけではありません。

ただのデブになるのではなく、適度な脂肪を備えた健康的なスタイルを手に入れる必要があります。

そのために最適の食品が「豆乳」です。

スポンサーリンク

短期間で女性らしく美しく太りたいなら豆乳が一番効果的な理由

①大豆イソフラボンの女性ホルモン様効果

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしいふっくらとした体形を作り出す作用があります。

胸や腰回りに脂肪を蓄える作用があり、バストアップ効果があるのです。

女性ホルモンの分泌が少ないと、髪のハリとコシがなくなったり、肌荒れや生理不順の原因にもなります。痩せすぎの女性は女性ホルモンの分泌が足りていない傾向があるので、そういった体質の改善にも効果を発揮するでしょう。

②タンパク質と炭水化物

豆乳には100mlあたり、たんぱく質が約3.6g、炭水化物が約3.1g含まれています。

しっかりと身体に脂肪を付けるには炭水化物の摂取が必要不可欠。

しっかりと身体に筋肉を付けるにはたんぱく質の摂取が必要不可欠です。

豆乳にはたんぱく質と炭水化物がバランスよく含まれています。これは食品として、意外と珍しいことなんですよ!

③食が細くても手軽に摂取できる

なかなか太れないと悩んでいる女性の多くは、胃腸の調子があんまり良くない場合が多い。

もともと量が食べれなかったり、食べても消化器官が弱く、十分に栄養を吸収できなかったり…。

そんな体質でも安心して飲めるのが豆乳です。食べるのではなく”飲む”ので、消化吸収がバツグンに良いです。

どんなに小食だったとしても、コップ1杯の豆乳であれば、毎晩飲むことができるのではないでしょうか?

1日の摂取量とおすすめの豆乳は?

豆乳にも様々な種類があり、イソフラボンの含有量は違ってきますが、平均で100mlあたり24.8mgのイソフラボンが含まれているといわれています。

厚生労働省が推奨している1日のイソフラボン摂取量は30mg以内。

つまり豆乳を100~150ml程度、1日でコップ1杯分飲めばOKということ。この量であれば、どれだけ食が細い女性でも毎日飲めるのではないでしょうか。

 

では次に、おすすめの豆乳です。

毎日飲むのに適した豆乳は「成分無調整豆乳」です。

成分調整豆乳は飲みやすくするために砂糖や香料などで味を調整しています。それよりも、より自然に近い成分無調整豆乳のほうがより効果的でしょう。

 

豆乳が苦手という方は、コーヒーや紅茶にミルクの代わりに入れたり、牛乳の代わりに料理に使ったり、工夫次第でいろんな形で摂取できると思います。

毎日豆乳を飲むことで、女性らしい美しい体形になるサポートになるでしょう。毎日続けることが大事ですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク



-女性向けふっくら太る方法

Copyright© 太る方法.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.